株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

防犯カメラを導入した小売店にもセルフレジの導入は必須!理由とは

    小売店舗におけるセキュリティ対策は、顧客の安心感を高め、不正行為や犯罪を抑止するために重要な要素です。最近、防犯カメラの導入が一般的になり、その効果は広く認知されています。しかし、防犯カメラの...

 

 

小売店舗におけるセキュリティ対策は、顧客の安心感を高め、不正行為や犯罪を抑止するために重要な要素です。最近、防犯カメラの導入が一般的になり、その効果は広く認知されています。しかし、防犯カメラのみでは最低限であり、セルフレジの導入もまた重要な要素となっております。なぜならば、セルフレジは防犯カメラとの連携によって、より効果的なセキュリティを構築できるからです。

 

防犯カメラが設置された小売店舗では、不正行為犯罪や行為の抑止効果が起こります。完全なセキュリティを確保することはできません。ここでセルフレジの重要性が当然高まります。

 

セルフレジの導入によって、スキャンせずに商品を持ち去るなどの不正行為を防ぐことができます。お客様自身が商品のスキャンや支払いを行うため、不正行為の機会が大幅に減少します。セルフレジと防犯カメラの連携によって、さらなる効果を発揮するのです。

この記事では、セルフレジと防犯カメラを連携させることでのメリットや、セルフレジ・防犯カメラが持つ不正防止機能などについて解説します。



セルフレジとは何か?防犯カメラとの連携によるメリットは?

セルフレジと防犯カメラが連携することで、3つのメリットがあります。

 

  1. 防犯の抑止: 防犯カメラはレジ周辺の監視を行い、不正行為や犯罪の防止に役立ちます。 

防犯カメラがあることで、不審者や泥棒などを防ぐことができます。

人目に入らない場所で万引きなどの被害にあうことが多いですが、防犯カメラがあることで、万引き犯を撮影することができるので、解決に役立ちます。

セルフレジでは、お客様が商品を自分でスキャンし、支払いを行います.。

しかし、中には商品をスキャンせずに持ち去るなどの違法行為を行っている人もいます。 防犯カメラがセルフレジエリアを監視し、不正行為を防止することができます。人々の行動に影響を与え、不正行為を抑止する役割を行います。

 

2.スキャンせずに持ち去るなどの不正行為を防止することができます。

 

  1. スキャンの必要性: セルフレジでは、商品のバーコードをスキャンすることで、商品の情報や価格を読み取ります。スキャンをしないまま商品を持ち去ると、正確な情報が記録されず、支払いが不正確になります。
  2. 防犯カメラの監視: セルフレジエリアは防犯カメラで監視されます。カメラはセルフレジ周辺の動きを記録し、不正行為を容認する役割を果たします。例えば、商品をスキャンせずに袋に入れるなどの行為がカメラによって記録されます。
  3. 不正行為の禁止: 防犯カメラが不正行為を防止すると、セキュリティスタッフや店舗の従業員にアラートが送られます。これにより、不正行為が即座に把握され、迅速な対応が可能となります。
  4. 抑止効果: カメラの存在や監視の存在は、人々の行動に影響を与えます。不正行為を企んでいる者は、監視カメラがあることを知っているため、リスクを感じて行動を思い続ける可能性があります。一応、防犯カメラは犯罪や不正行為を抑止する効果を持っています。
  5. 証拠の収集:万が一不正行為が発生した場合、防犯カメラの映像データは証拠として利用されます。保証されます。

 

また、レジの金額が合わない、在庫の数が合わないといったトラブルに遭遇することもあるかと思われます。あまり考えたくないことですが、店舗スタッフが不正を働いているというケースも存在します。防犯カメラはリアルタイムで映像を撮影しています。防犯カメラをレジ周辺に設置しておけば、比較的簡単に不正行為を発見することができるでしょう。



セルフレジが持つ不正防止機能と防犯カメラがキャッチできる盗難・不正行為

セルフレジは、従来のレジよりも顧客が商品をスキャンして支払いを行うため、不正行為や盗難が発生しやすいとされています。しかし、セルフレジには不正行為を防止する機能が備わっています。

 

例えば、重量感知機能があり、商品を取り出した際に重量が減っていれば、その分の商品がスキャンされなかったことを検知し、警告を発することができます。また、防犯タグを持つ商品がスキャンされなかった際にも、警告が発せられます。

 

一方で、防犯カメラは、不正行為や盗難を撮影して証拠とすることができます。レジ前に設置された防犯カメラは、顧客が商品をスリップさせたり、不正な操作を行おうとする様子を撮影できます。また、店内に設置されたカメラは、万が一の盗難事件の解決に役立ちます。

 

セルフレジと防犯カメラを連携させることで、不正行為や盗難を未然に防ぎ、顧客に安心して買い物を楽しんでもらえる環境をつくることができます。

 

導入前と導入後における盗難率や利便性の改善についての実績例

 

以下に、セルフレジと防犯カメラの導入による実績例をいくつか紹介します。

 

【セルフレジ】

 

サークルKサンクス セルフレジを導入する前は、約40%の顧客が店員がいない棚での購入を選択していましたが、セルフレジ導入後は約70%がセルフレジを利用するようになりました。また、万が一の不正行為も低減されています。

ベスト電器 セルフレジ導入前は、平均1時間に1件の不正があったとされていますが、導入後は不正行為が全くなくなりました。

 

【防犯カメラ】

 

ローソンは 防犯カメラを導入する前は、1年間で約14万件の盗難事件が発生していましたが、導入後はその数が減少しました。店内には2048台の防犯カメラを設置し、顧客の不審な動きが検知された場合は、オペレーターが24時間体制で監視し、必要に応じて警察などに通報するシステムが構築されています。

イオンは 防犯カメラを導入する前は、約3,300件の盗難事件が発生していましたが、導入後はその数が減少し、盗難被害額も半減しました。加えて、カメラを通じて顧客の様子を見ることで、交通安全意識の向上にもつながったとされています。

セルフレジや防犯カメラの導入は、不正行為や盗難被害を低減させるだけでなく、顧客の利便性の向上や安心感の向上にもつながっています。



セルフレジ導入時の人件費や設備費用、保守管理に関する注意点と負担

【人件費】 セルフレジ導入により、レジ担当のスタッフが必要なくなるため、彼らの雇用や再配置などに伴う費用がかかる場合があります。



【設備費用】 セルフレジの設備費用もかかります。導入するにあたっては、レジ本体やバーコードリーダー、タッチパネルディスプレイ、センサーカメラ、POSシステムなどの機器購入費用が必要です。

 

【保守管理】 セルフレジは機械であるため、故障や不具合が発生する場合があります。そのため、保守管理も必要となります。日々のメンテナンスや修理などの費用もかかるため、コスト管理が必要です。また、セルフレジが停止している時間があると、顧客が不便を感じるため、迅速な対応が求められます。

 

【防犯カメラ】 セルフレジと防犯カメラを連携させる場合には、防犯カメラの設置費用が必要となります。店舗の規模や設置場所に応じて、カメラの台数や設置箇所を検討する必要があります。

 

【注意点】 セルフレジを導入する場合には、以下の注意点もあります。

 

顧客がスキャンミスをしてしまう場合があるため、フードロスが発生する可能性がある

販売価格の変更があり、バーコードの情報が古くなった場合、対応が必要となる

法令に準拠した表示や記載を行わなければならない

 

防犯カメラの設置場所やカメラの性能によっては、導入にかかる費用や取捨選択が異なります。

 

防犯カメラの設置場所やカメラの性能によって変わる取捨選択や設置工事費

 

例えば、店舗内全体を監視する必要がある場合には、広範囲をカバーできるパノラマカメラを選択する必要があります。一方で、レジ周辺だけを監視する場合には、高性能な固定式カメラを選択することができます。

 

また、設置場所によっても変わります。外部からの侵入や窃盗を防ぐ場合には、外壁や屋根に設置した監視カメラが効果的です。一方、店内での万引きやトラブルの防止には、商品の陳列棚やレジ周辺に設置したカメラが有効です。

 

さらに、カメラの性能によっても費用が異なります。高画質・高機能のカメラを使用する場合には、導入にかかる費用が高くなる可能性があります。一方、低コストで導入できるネットワークカメラもありますが、性能や視野角が限定される場合があります。

 

以上のように、防犯カメラ導入には、設置場所やカメラの性能、費用など多くの要素が影響します。専門業者に相談し、最適な仕様のカメラを選定することが重要です。また、設置工事にかかる費用も考慮する必要があります。

 

まとめ

この記事の内容をまとめます。

・セルフレジを導入することで、スキャンをしないで会計を通り過ぎることを防ぐことができます。

防犯カメラを導入することで、見えないところでの万引きやセルフレジ付近での不正行為を記録することができます。

・セルフレジや防犯カメラの導入は、不正行為や盗難被害を低減させるだけでなく、顧客の利便性の向上や安心感の向上にもつながっています。

・セルフレジは、設置費用やメンテナンスで費用が掛かり、防犯カメラは店舗の規模に応じて、設置台数を決めて、台数に応じて設置費用が必要になります。

お客様に安心してお買い物をしていただくためにも「セルフレジ」「防犯カメラ」を合わせて導入しましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 自分でレジを通す時代:セルフレジ導入で待ち時間ゼロを実現

    セルフレジを導入することで、待ち時間が少なく、会計をスムーズに行うことができます。店員を待つ必要がなく、自分で商品をスキャンして会計を行えるからです。 この記事では、セルフレジの快...

  • セルフレジトラブル:セルフレジでのトラブル対処法とは?

    セルフレジが導入されることで、スピーディーな買い物ができるようになっています。 お客様自身で会計を済ますことができて、様々な支払方法が利用できるので、キャッシュレス決済や電子マネー...

  • セルフレジ利用時のよくある失敗と対処法を紹介

      セルフレジの利用は便利さをもたらしますが、初めて利用する際は戸惑うことがあると思います。この記事では、セルフレジ利用時に陥りがちな失敗と、それを避けるための対処法を紹介します。...

  • セルフレジのコンビニは利用しやすいのか?

    セルフレジを導入しているコンビニも増えてきており、実際使いやすいのか気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは、セルフレジが導入されているコンビニの使いやすさなどを紹介します。...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら