株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

酒のセルフレジ普及に伴う問題点と解決策

セルフレジでは、酒の購入時に、未成年の方がお酒を購入しようとしたときに購入できてしまうことがあります。 セルフレジだけでは、購入する人の年齢を正確に確認することができないからです。 この記事では、セル...

セルフレジでは、酒の購入時に、未成年の方がお酒を購入しようとしたときに購入できてしまうことがあります。

セルフレジだけでは、購入する人の年齢を正確に確認することができないからです。

この記事では、セルフレジが普及することで起きる問題点と解決策について解説します。

問題点1: 年齢制限とセルフレジの課題

セルフレジの普及に伴う酒の購入における問題点の一つは、未成年者への酒類販売リスクです。従来のレジシステムでは、顧客が顧客の年齢を確認し、未成年者に酒類を販売しないようにしましたが、セルフレジでは顧客が自ら商品をスキャンし支払いを行うため、年齢確認の手続きが困難になる場合があります。

未成年者への酒類販売は法律で禁止されており、そのような販売行為は社会的な問題となっております 。

解決策としては、以下のような対策が考えられます。

  • 年齢確認の強化: 
  • セルフレジの操作画面やシステムを改善し、消費者が年齢を証明する手続きを組み込むことが重要です。例えば、年齢を証明する証明書のスキャンや顔認識技術の導入などが考えられます。
  • スタッフのサポート: 
  • レジセルフエリアにはスタッフを構成し、顧客の年齢確認や購入制限に関するサポートを行うことが有効です。スタッフは必要に応じて顧客にアドバイスや指示を提供し、未成年者への酒類販売を防止します。
  • 教育と啓発活動:
  • 店舗やセルフレジエリアでの啓発活動、消費者に未成年者への酒類販売のリスクや法律の重要性について啓発することも重要です。責任を共有することが必要です。

年齢制限とセルフレジの課題を解決するためには、セキュリティと安全性のバランスを重視しつつ、適切な年齢確認の手続きとサポート体制を構築する必要があります。これによって、未成年者への酒類販売を防ぎ、安心で法令遵守の酒の販売環境を確保することができます。

問題点2: 品質管理とセルフレジの課題

  • 偽造や偽装商品のリスク: 
  • セルフレジでは、顧客が商品のバーコードをスキャンし、自ら価格を決定します。このため、不正な手段で商品情報を操作し、偽造や偽装商品を酒として販売するリスクが存在します。
  • 品質保証と安全対策の強化: セルフレジでは商品を直接顧客が取り扱うため、商品の品質や安全性を保証する責任が顧客にも一部移行します。顧客が商品を適切に扱い、品質や安全に問題がないことを確認する必要があります。

解決策としては、以下のような対策が考えられます。

  • 品質管理の強化:
  •  セルフレジエリアにはカメラ監視やセキュリティシステムを設置し、商品のスキャンや支払い過程を監視することで、偽造や偽装商品の販売を防止します。また、従業員が定期的に商品の品質チェックや安全対策の点検を行うことも重要です。
  • 消費者教育と情報提供:
  •  消費者に対して、正規品の選び方や品質管理の重要性についての情報提供や教育を行います。消費者が適切な判断を行い、安心して商品を選択できるような環境を整えることが重要です。
  • メーカーとの連携: 
  • 小売業者と酒のメーカーや供給業者との協力を強化し、品質管理や偽造防止のための取り組みを共有します。メーカーが商品に対する正規品の保証や品質情報を提供することで、消費者の信頼を確保することができます。

品質管理とセルフレジの課題を解決するためには、セキュリティ対策の強化と消費者の教育、業界全体の協力が重要です。これによって、偽造や偽装商品のリスクを最小限に抑え、品質の確保と安全な酒の提供を実現することができます。

問題点3:顧客サービスとセルフレジの課題

セルフレジの普及に伴う酒の購入における問題点の一つは、顧客サービスの課題です。従来のレジシステムでは、顧客が顧客と対面し、質問や問題解決などのサービスを提供することが一般的でしかし、セルフレジでは顧客が自ら商品を処理し、店員との接触が制限されるため、顧客サービスの充実に課題が生じます。

顧客サービスの課題は以下のような点で表されます。

  • 従業員とのコミュニケーション不足: セルフレジでは、顧客が自主的に操作するため、従業員とのコミュニケーションが限られます。顧客が商品に関する質問や問題を解決する際、直接店員に相談する機会が少なくなることがございます着せられます。
  • 顧客サポートの迅速な充実と利便性の両立: セルフレジを利用する顧客がトラブルや疑問を抱えた場合、かつ適切なサポートが必要です。は課題となります。

解決策としては、以下のような対策が考えられます。

  • セルフエリアレジにスタッフの構成:
  •  セルフレジエリアにはスタッフを構成し、顧客が困っていることや質問があった場合に直接対応できる環境を整えます。スタッフは顧客のサポートやアドバイスを提供し、立地のよい酒の購入体験をサポートします。
  • 自己解決のための情報提供: 
  • セルフレジエリアには商品やセルフレジの操作方法に関する情報を掲示し、顧客が自己解決できるようにします。また、セルフレジの利用方法に関する具体的なガイドを提供することも効果的です。
  • デジタル技術の活用:
  •  セルフデジタルエリアには技術を活用したサポートシステムを導入します。顧客がスマートフォンやタブレットを使ってサポートを受けることができるように、チャットボットやオンラインFAQなどを活用して効率的な顧客サービスを提供します。

顧客サービスとセルフレジの課題を解決するためには、顧客とのコミュニケーションを確保し、適切なサポート環境を整えることが重要です。これによって、顧客の質問や問題を解決し、満足度が高いお酒の購入体験を提供することができます。

従業員とのコミュニケーション不足

従業員とのコミュニケーション不足は、セルフレジ導入に伴う問題の一つです。従来のレジシステムでは、顧客が商品をレジに持って行き、店員との接触がありました。そのため、顧客が質問や問題に迷った場合には、直接店員に相談することができます。

しかし、セルフレジでは顧客が自ら商品を処理するため、従業員との接触が限られてしまいます。顧客が商品に関する質問や疑問を持った場合、店員への相談が正しいため、コミュニケーションの機会が減少してしまいます。

これにより、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 商品情報の不足: セルフレジでは顧客が自ら商品をスキャンするため、商品詳細な情報を把握する機会が減少します。顧客が特定の商品について疑問や関心を持った場合、店員に直接質問することができず、商品の特徴や利用方法について不明のまま購入を決定することになります。
  • への対応のトラブル遅れ: セルフレジに関して、顧客がトラブルや問題に遭遇した場合、顧客に直接報告することがございます。例、セルフレジの障害や操作上のトラブルが発生した場合、従業員による迅速な対応な対応が求められますが、顧客と店員の接触機会が減少しているため、問題の解決が解決する可能性があります。
  • サービスやアドバイスの不足: セルフレジでは、従業員が顧客に対して商品やサービスに関するアドバイスや提案をする機会が限られます。顧客が特定の商品に関する疑問や意見を持っていても、店員に直接相談することができないため、顧客に適切なサポートや情報提供が行われない可能性があります。

このようなコミュニケーション不足を解決するためには、セルフレジエリアにスタッフを配置したり、デジタル技術を活用して顧客サポートを強化することが重要です。の導入など、顧客とのコミュニケーションを確保する工夫が必要です。

まとめ

・セルフレジの導入で、未成年のお酒購入を防ぐ必要があります。

・年齢確認の強化、レジエリアのスタッフのサポートが必要になります。

・レジスタッフ同士もコミュニケーションを取り、年齢確認を強化することが必要です。

また、一人でなく、2〜3人でレジを対応することで、未成年の酒購入を防ぐことができます。

セルフレジでは、お客様が自分でスキャンして購入できるメリットがある反面、未成年のお酒購入などもあります。

スタッフ同士で声を掛け合い、未成年の酒購入を防ぎましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 手間を減らして効率化!セミセルフレジのスマートな活用術

    セミセルフレジとは? セミセルフレジとは、自動レジと従来の人手によるレジの中間的な仕組みのことを指します。顧客自身が商品のバーコードを読み取り、支払いを行うセルフレジの要素と、店員...

  • セルフレジ導入による効果的なバイト業務管理法

      セルフレジの導入により、バイト業務を効率化させることができます。 レジでの会計はお客様だけで済ますことができるので、レジ以外の業務を従業員はすることができます。 この記事では、...

  • セルフレジのメリット・デメリットを知り、導入を検討しよう

    セルフレジを導入することにはメリットとデメリットがあります。ここでは、セルフレジについてやおすすめの店舗やそうではない店舗の特徴などを紹介していくので参考にしてください。 セルフレ...

  • セルフレジの未払いをしたらどうなる?対処法と注意点について

    スーパーやコンビニなど、店員が不在の時でも利用者自身で会計できるセルフレジは、会計を急いでいる時や購入品数が少ない時に便利なのです。また、レジの回転率が上がり、レジ待ちの混雑緩和も...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら