株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.06.12

view 2,367

自販機の値段はどれくらい?自販機ビジネスの始め方を説明

自販機ビジネスの基本 自販機ビジネスは、自動販売機を利用して商品を販売する事業のことです。自販機は24時間稼働し、人手不要で販売が行われるため、販売コストや労力を削減することができます。さまざまな場所...

自販機ビジネスの基本

自販機ビジネスは、自動販売機を利用して商品を販売する事業のことです。自販機は24時間稼働し、人手不要で販売が行われるため、販売コストや労力を削減することができます。さまざまな場所に設置され、飲料や軽食、タバコなどの商品を提供します。

 

自販機ビジネスとは何か

自販機ビジネスは、自動販売機を使って商品を販売するビジネスモデルです。自販機は公共の場所やオフィス、駅などに設置され、顧客が商品を選び、代金を支払い、商品を受け取ることができます。自販機は24時間稼働し、定期的な補充やメンテナンスが必要ですが、人手を必要とせずに販売が行われるため、効率的な販売チャネルとして利用されています。

 

自販機ビジネスの魅力

自販機ビジネスの魅力はいくつかあります。まず、自販機は24時間稼働するため、時間や場所に制約されずに商品を販売できます。また、人手を必要とせずに自動的に販売が行われるため、人件費を節約できます。さらに、自販機は小型の店舗として機能し、比較的低コストで設置や運営が可能です。これらの要素から、自販機ビジネスは効率的で収益性の高いビジネスモデルとされています。

 

自販機ビジネスのリスク

自販機ビジネスにはいくつかのリスクが存在します。まず、競争が激化しているため、需要が高い場所や商品を見つけることが重要です。また、自販機が故障したり、商品が盗まれたりするなどのトラブルも起こり得ます。さらに、需要の変動や季節性のある商品の取り扱いによる売上の変動もリスクとして考えられます。これらのリスクに対処するたためには、適切な場所の選定や需要予測の分析、定期的なメンテナンスと補充、セキュリティ対策などが必要です。また、自販機ビジネスは比較的低投資で始められるため、事業の失敗や損失が発生した場合でもリスクが限定的であると言えます。

 

成功する自販機ビジネスの特徴

成功する自販機ビジネスの特徴はいくつかあります。まず、需要が高い場所に自販機を設置することが重要です。例えば、オフィスビルや商業施設、駅などは多くの人が訪れる場所であり需要が見込めます。また、商品の選択肢や品質にこだわり、顧客のニーズに合った商品を提供することも重要です。さらに、定期的なメンテナンスと補充を行い、常に動作良好な状態を維持することも成功のポイントです。

 

自販機ビジネスの市場規模と成長性

自販機ビジネスは日本を中心に広く展開されており、その市場規模は大きく成長しています。日本では、駅や公共の場所などに多くの自販機が設置されており、消費者の利便性や需要の高さから需要は安定しています。また、最近では自販機の取り扱い商品も多様化しており、飲料だけでなく、お菓子やアイスクリーム、健康食品なども販売されています。さらに、新たな技術の導入やキャッシュレス決済の普及など、自販機ビジネスのさらなる成長が期待されています。

 

自販機ビジネスを始める方法

自販機ビジネスを始める方法は、自販機を購入・運用する方法、リースする方法、土地や設置場所を貸す方法があります。それぞれにメリットとリスクがありますので、自身の資金やリソース、ニーズに合わせて適切な方法を選ぶことが重要です。

 

自販機を購入して運用・管理する

自分で自販機を購入して設置場所を確保し、商品の仕入れや補充、メンテナンスなどを行う方法です。この方法のメリットは、自分で自販機の種類や商品のラインナップを決められることや、売上の全額が自分の利益になることです。デメリットは、自販機の購入費用や設置費用、電気代などの初期投資やランニングコストがかかることや、運用・管理に手間がかかることです。自販機の購入費用は、新品で約50万円~100万円、中古で約25万円~35万円程度です 。電気代は、平均で約3,000円~4,000円程度です 。

 

自販機をリースして運用・管理する

自販機のメーカーや業者から自販機をリースして設置場所を確保し、商品の仕入れや補充、メンテナンスなどを行う方法です。この方法のメリットは、自販機の購入費用や設置費用がかからないことや、故障時に修理や交換が容易なことです。デメリットは、リース料や手数料などがかかることや、自販機の種類や商品のラインナップに制限があることです。リース料は、月額約1万円~5万円程度です。

 

土地や設置場所を貸してマージンを得る

自分が所有する土地や店舗などに他人の自販機を設置させて、売上の一部をマージンとして受け取る方法です。この方法のメリットは、自分で自販機を購入したり運営したりする必要がないことや、空いているスペースを有効活用できることです。デメリットは、マージンが少ないことや、設置場所によっては許可や契約が必要なことです。マージンは、売上の約10%~30%程度です。

 

自販機の収入と利益

自販機ビジネスでは、需要の変動や競争の激化などのリスクもありますが、適切な商品価格設定、需要の分析、効率的な運営、収入源の多角化などの戦略を取ることで利益を最大化することが可能です。

 

自販機の商品価格設定と収益性

自販機の商品価格設定は収益性に直結します。商品価格を適切に設定することで需要と収益を最大化することが可能です。一般的に、競合他社の価格や商品の人気度、設置場所の需要などを考慮し、市場価格に合わせた価格設定が求められます。また、コスト(仕入れ価格、光熱費、メンテナンス費用など)も考慮し、利益を確保する必要があります。

 

自販機の平均的な売上高

自販機の売上高は設置場所や商品の種類によって異なりますが、一般的には月間数万円から数十万円程度が平均的な売上です。需要の高い場所や人気商品を選ぶことで、売上を増やすことができます。ただし、需要の変動や季節性のある商品の取り扱いによる売上の変動にも注意が必要です。

 

自販機から得られる収入の例

自販機から得られる収入の例としては、商品の売上金額から仕入れ費用や運営費用(光熱費、メンテナンス費用など)を差し引いた利益が挙げられます。また、需要の高い設置場所に自販機を設置している場合は、土地所有者からの設置料や売上の一部を受け取ることもあります。

 

利益を最大化するための戦略

利益を最大化するための戦略としては、需要の高い場所に自販機を設置すること、人気のある商品や新商品を提供すること、効率的な補充やメンテナンスを行うことなどがあります。また、需要の分析や競合他社の動向を把握し、適切な価格設定を行うことも重要です。

 

収入源の多角化の可能性

自販機ビジネスでは、収入源の多角化も考えられます。例えば、自販機の広告や販売促進イベントによる収入の増加です。自販機に広告を掲示することで、広告主から収入を得ることができます。また、季節やイベントに合わせて特別な販売促進を行うことで、売上を増やすことができます。さらに、自販機内に特典やクーポンを設けるなどの施策も収益の増加に寄与します。

 

まとめ

本記事では、自販機ビジネスを始める際にかかる値段や始める方法について解説しました。

自販機は、購入・レンタルすることができ、自分で在庫管理をしたり委託したりして収益化できます。

自販機を置く土地を貸して自販機の売上のマージンを受け取ることもできます。

自販機ビジネスはそこまで大きく儲けることはできず、1つの自販機の利益は月に数万円です。

自販機ビジネスでは、需要を把握することが重要です。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • コレクターの宝庫!自販機おもちゃの世界を探検

    自販機でおもちゃを販売することも近年多くなってます。 ガチャガチャだと、何が当たるか分かりませんが、自販機なので、自分の欲しいおもちゃを選択して購入することができます。 この記事で...

  • ザ・自販機~人気タイプ&アイテム2023!最新ランキングTOP5

    今、自販機が注目される背景  自販機は今や私たちの生活に欠かせない存在となっていますが、近年、一層の注目を浴びているのはなぜでしょうか。その背後には、私たちの周りで変わりゆく社会環...

  • オフィスの憩いの場としての自販機スペース

    【小型オフィス自販機の特長】 省スペース設計と設置の容易さ 小型オフィス自販機は、その名の通り、コンパクトで省スペースな設計が特長です。オフィス内の限られたスペースでも効率的に設置...

  • 問題業界での人手不足を乗り越える新たなアプローチ

    人手不足と自販機業界の課題   1. 人手不足の深刻化とその影響   近年、日本では高齢化や少子化の進行により、人手不足が深刻化しています。自販機業界もこの問題に直面しており、特に...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら