株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.06.12

view 41

自販機のサイズはどう選ぶ?収容本数やセレクション数の違い

自販機のサイズは、設置場所やコスト、需要によって適切に選ぶ必要があります。自販機のサイズには、収容本数やセレクション数という2つの要素が関係しています。これらの違いを理解することで、自販機のサイズ選び...

自販機のサイズは、設置場所やコスト、需要によって適切に選ぶ必要があります。自販機のサイズには、収容本数やセレクション数という2つの要素が関係しています。これらの違いを理解することで、自販機のサイズ選びがより簡単になります。

 

自販機のサイズとは?収容本数とセレクション数の基礎知識

自販機のサイズは、収容本数やセレクション数によって決まります。これらはそれぞれ自販機が入れられる商品の本数や種類を表します。収容本数やセレクション数が多いほど自販機のサイズも大きくなります。

 

自販機のサイズはどのくらい種類があるのか

自販機のサイズは幅や奥行き、高さで表されます。例えば、30セレクションの自販機は、幅1161mm、奥行745mm、高さ1830mmというサイズです。自販機のサイズによって設置場所やコスト、需要などが変わってきます。設置場所のニーズに合った自販機のサイズを選ぶことが大切です。

 

自販機の収容本数とは何か

自販機の収容本数とは、自販機が一度に入れられる商品の本数のことです。基本的には、収容本数が多いほど自販機のサイズは大きくなります。収容本数は商品の種類や形状によっても異なります。例えば、缶飲料用自販機では細缶や中缶など缶の大きさによって収容本数が変わります。収容本数は自販機の性能や利便性を表す重要な指標です。

 

自販機のセレクション数とは何か

自販機のセレクション数とは、自販機が扱える商品の種類のことです。セレクション数が多いほど、商品のバリエーションを豊富にすることができます。セレクション数が多いと自販機のサイズは大きくなります。また、セレクション数は商品の需要や売れ筋によっても異なります。例えば、人気商品や定番商品はセレクション数を多くすることで売上を伸ばすことができます。また、季節限定商品や地域限定商品などはセレクション数を少なくすることで希少感を高めることができます。セレクション数は自販機の魅力や戦略を表す重要な指標です。

 

収容本数とセレクション数の関係性

収容本数とセレクション数は相互に影響しあう関係にあります。一般的に、収容本数やセレクション数が多いほど自販機のサイズも大きくなります。しかし、収容本数やセレクション数を増やすだけでは売上が上がるとは限りません。例えば、需要が少ない商品を多く入れても売れ残るだけですし、需要が高い商品を少なく入れても品切れにななります。そのため、収容本数やセレクション数を決める際には、設置場所や利用者層を考慮する必要があります。

 

自販機のサイズと設置場所の選び方

設置場所によって適した自販機のサイズは異なります。設置場所に合わせた自販機のサイズ選びのポイントは、設置場所の広さや形状、電源や水道、利用者の数や属性、商品ラインナップ、法律や規制などを考慮することです。

 

設置場所によって適した自販機のサイズはどう変わるか

自販機のサイズは、設置場所によって適したものが変わります。設置場所とは、自販機を置く場所のことです。例えば、道路沿いや駅前などの人通りが多い場所や、オフィスや学校などの利用者が多い場所では、大きなサイズの自販機がおすすめです。大きなサイズの自販機は、収容本数やセレクション数が多いため、商品の補充回数を減らしたり、商品のバリエーションを増やしたりすることができます。一方、店舗や住宅などのスペースが限られた場所や、移動販売やイベント販売などの用途では、小さなサイズの自販機がおすすめです。小さなサイズの自販機は、設置場所やコストを節約できるだけでなく、ニッチな商品や季節限定商品などを扱うことができます。

 

設置場所に合わせた自販機のサイズ選びのポイント

設置場所に合わせた自販機のサイズ選びのポイントは、以下のようなものがあります。

・設置場所の広さや形状を測って、自販機が入るかどうか確認する。

・設置場所に来る利用者の数や属性を考えて、収容本数やセレクション数を決める。

・設置場所に合った商品ラインナップを考えて、売上や利益を予測する。

 

自販機のサイズとコストの関係

自販機のサイズとコストの関係には、購入価格やリース料金、電気料金などがあります。自販機のサイズが大きいほど、コストも高くなります。しかし、コストだけでなく、設置場所や商品ラインナップなども考慮することで、売上を増やすことができます。

 

自販機のサイズによって変わるコストとは何か

自販機のサイズによって変わるコストとは、自販機を設置するときや運営するときにかかるお金のことです。自販機のサイズが大きいほど、コストも高くなります。自販機のサイズによって変わるコストには、以下のようなものがあります。

・購入価格やリース料金:自販機を購入するときやリースするときにかかるお金です。自販機のサイズが大きいほど、購入価格やリース料金も高くなります。

・電気料金:自販機を動かすために必要な電気代です。自販機のサイズが大きいほど、電気料金も高くなります。

 

自販機のサイズと購入価格・リース料金の関係

自販機のサイズが大きいほど、購入価格やリース料金も高くなります。自販機のサイズが大きいほど、製造コストや運送コストが高くなるためです。例えば、30セレクションの自販機は約100万円から150万円程度で購入できますが、42セレクションの自販機は約150万円から200万円程度で購入できます。リース料金も同じように、30セレクションは約1万円から2万円程度ですが、42セレクションは約2万円から3万円程度です。ただし、購入価格やリース料金は、メーカーや業者によって異なる場合があります。

 

自販機のサイズと電気料金の関係

自販機のサイズが大きいほど、電気料金も高くなります。自販機のサイズが大きいほど冷却能力や照明能力が高くなり、消費電力が増えるためです。例えば、30セレクションの自販機は約1.5kW/h程度で動作しますが、42セレクションの自販機は約2.0kW/h程度で動作します。節電対策として温度設定や照明設定を変更したり、エコモードやタイマー機能を利用したりすることで電気料金を抑えることができます。

 

まとめ

自販機のサイズの選び方について解説しました。自販機のサイズは、収容本数とセレクション数によって決まります。収容本数とは、自販機に入れられる商品の本数です。セレクション数とは、自販機が扱える商品の種類です。どちらも数が多いほうが自販機のサイズが大きくなります。適切なサイズの自販機を置くことにより、売り切れや売れ残りを最低限に抑えられるようになります。自販機を置く場所によって適切なサイズは異なります。道路沿いや駅前など人通りが多いところでは大きなサイズの自販機が適切です。逆に、店舗や住宅地などの人が少ない場所であれば小さいサイズの自販機が適切です。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 食品用自販機の導入でアフターコロナに強いビジネスを!安心感や衛生面の魅力

    食品用自販機は、人と対面せずに食べ物を購入できる便利なツールです。コロナ禍で感染防止や衛生管理が重要になった今、食品用自販機は安心感や信頼感を高めることができます。この記事では、食...

  • 実はこんなものまで売っている!自動販売機の驚きの種類とは!?

    「えっ!こんなものまで自動販売機で売ってるの?」 と、自動販売機の種類に驚いたことがあるかもしれませんね。 自動販売機大国の日本では、ちょっとした自動販売機新時代ブームです。 自動...

  • セルフレジと接客の連携で生まれる質の高いサービス

    セルフレジと接客の連携による新たなサービスの展開 近年、自動化が進むセルフレジと人間の接客を有機的に連携させることで、新たなサービスの展開が進んでいます。従来はセルフレジと接客が対...

  • 【業界解説】セルフレジの種類とそれぞれのユニークな特長

    無人販売、効率化、テクノロジーの活用。これらは現代の小売業界で最も重要なトレンドの一部であり、その中心に位置するのが「セルフレジ」です。 セルフレジは、顧客が自分自身で商品のバーコ...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら