株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

無人販売機でコスト削減!従業員不要の新しいビジネスモデル

従業員不要の新しいビジネスモデルとして注目されている無人販売機。コストを削減しながら、24時間営業や柔軟な商品展開ができる優れたソリューションです。この記事では、無人販売機の導入のメリットや費用などを...

従業員不要の新しいビジネスモデルとして注目されている無人販売機。コストを削減しながら、24時間営業や柔軟な商品展開ができる優れたソリューションです。この記事では、無人販売機の導入のメリットや費用などをご紹介します。

無人販売機とは?コロナ禍で注目される新しいビジネスモデルの特徴 

無人販売機という新しいビジネスモデルについて紹介します。無人販売機の定義や種類、市場規模や成長要因、展開事例や業界動向などをわかりやすく説明します。

無人販売機とは 

無人販売機とは、店員がいなくても商品を買える自動販売機のことです。飲み物やお菓子だけでなく、お弁当や日用品、衣類や本などさまざまな商品を販売できます。無人販売機は通常の温度だけでなく、冷蔵や冷凍にも対応しています。タッチパネルやスマホで操作でき、現金だけでなく電子マネーにも対応しています。

無人販売機の成長要因 

無人販売機の成長要因には、以下のようなものがあります。

 ・コロナ禍で非対面や感染防止が求められる中、無人販売機は接触を減らすことができる。

 ・人手不足や働き方改革の流れで、店舗の省人化や効率化が進む中、無人販売機はコスト削減や24時間営業ができる。 

・消費者のニーズやライフスタイルの多様化に対応するため、無人販売機は場所や商品を自由に変えられる。

無人販売機の展開事例と業界動向 

無人販売機は、さまざまな業界や企業で展開されています。以下のような事例があります。 

・カルビー

ポテトチップスやスナック菓子を販売する無人販売機「カルビーたま手箱」を全国に展開しています。 

・ユニクロ

Tシャツやパーカーなどを販売する無人販売機「UNIQLO TO GO」を空港や駅などに設置しています。

 ・紀伊國屋書店

本や雑誌を販売する無人販売機「BOOK EXPRESS」をオフィスビルや商業施設などに設置しています。

無人販売機のメリットとは?コスト削減や24時間営業などの魅力を解説 

無人販売機とのメリットについて紹介します。無人販売機は、コスト削減や24時間営業、カスタマイズなどの魅力があります。これらのメリットを活かして省人化や効率化、売り上げ拡大などを目指すことができます。

無人販売機のコスト削減効果 

無人販売機は、店員がいなくても商品を買えるので、人件費や店舗管理費などがかかりません。また、無人販売機はSIMカードを使って遠隔で在庫や売れ行きなどをチェックできるので、補充や回収などの手間も減らせます。無人販売機は場所や商品を自由に変えられるので、需要に合わせて最適な販売計画を立てられます。

無人販売機の24時間営業効果 

無人販売機は店員がいなくても商品を買えるので、いつでも利用できます。夜勤やシフト制の仕事をしている人や、急に必要になった時に便利です。また、無人販売機は空港や駅などの交通機関や商業施設などに設置できるので、多くの人にアクセスできます。

無人販売機のカスタマイズ効果 

無人販売機は商品棚やコントロールユニットを組み合わせて、独自の無人販売機にすることができます。例えば、飲み物やお菓子だけでなく、お弁当や日用品、衣類や本などさまざまな商品を販売できます。また、無人販売機は通常の温度だけでなく、冷蔵や冷凍にも対応しています。

無人販売機の導入方法とは?手続き、費用などをご紹介

無人販売機との導入方法について紹介します。無人販売機の導入には、手続きや設備や費用などが必要です。紹介する情報を参考にして、自分の店舗に合った無人販売機を選ぶことができます。

無人販売機の導入に必要な手続き 

無人販売機の導入に必要な手続きは、まず無人販売機を設置する場所や商品を決めることです。次に、無人販売機のメーカーや販売会社に問い合わせて、見積もりや資料をもらいます。その後、契約や工事の日程を決めて無人販売機を設置します。

無人販売機の導入に必要な設備 

無人販売機の導入に必要な設備は、無人販売機本体と電源とインターネット回線です。無人販売機本体は、商品棚やコントロールユニットなどから自由に組み合わせて、自分の店舗に合ったものを選ぶことができます。電源は、無人販売機を動かすために必要です。インターネット回線は、SIMカードを使って無人販売機の在庫や売れ行きなどを遠隔で管理するために必要です。

無人販売機の導入にかかる費用 

無人販売機の導入にかかる費用は、大きく分けて初期費用とランニングコストです。初期費用は、無人販売機本体や工事などの購入や設置にかかるお金です。ランニングコストは、電気代や通信料などの運営にかかるお金です。初期費用は、メーカーやモデルによって異なりますが、100万円~300万円です。ランニングコストは、月に数千円から数万円です。

無人販売機のセキュリティ対策とは?防犯カメラや警報システムで商品を守る方法

無人販売機という商品提供方法のセキュリティ対策について紹介します。無人販売機のセキュリティ対策には、防犯カメラや警報システムや電子マネーなどがあります。

無人販売機におけるセキュリティリスク 

無人販売機におけるセキュリティリスクとは、商品やお金が盗まれたり無人販売機が壊されたりすることです。これらのリスクは無人販売機の場所や時間帯、商品の種類や価格などによって異なります。例えば、人通りが少ない場所や夜間に設置されている無人販売機や高価な商品や現金を多く扱う無人販売機は、狙われるおそれが高まります。

無人販売機における防犯カメラの効果 

防犯カメラは無人販売機の周囲や内部を映像で記録することで、犯罪の抑止や証拠の確保に役立ちます。防犯カメラを設置することで、犯罪者は自分の顔や行動がバレることを恐れて無人販売機に手を出しづらくなります。また、万が一犯罪が起きた場合でも、防犯カメラの映像を見て犯人を特定することができます。

無人販売機におけるその他のセキュリティ対策 

その他のセキュリティ対策として、警報システムや電子マネーなどが挙げられます。警報システムは無人販売機に不正な侵入や衝撃があった場合に、音や光で周囲に知らせたり管理者に通知したりすることで、犯罪の阻止や早期発見に役立ちます。電子マネーは現金ではなくICカードやQRコードなどで支払うことで、現金の持ち運びや管理の手間やリスクを減らすことができます。

まとめ

無人販売機のメリットや導入費用、セキュリティ対策について解説しました。無人販売機は店員がいなくても商品を販売できるので、人件費を節約できます。導入時には100万円~300万円の費用がかかりますが、長い目で見るとプラスになります。もし、無人販売機を導入する際には、防犯カメラや警報システムを利用して窃盗などの被害に合わないように対策をしましょう。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 【変化するレジ環境】店員の役割とセミセルフレジの導入

      近年、テクノロジーの進化により、店頭での買い物体験は大きな変化を遂げています。 その中で特に目を引くのが「セミセルフレジ」の導入です。 セミセルフレジとは、顧客自身が商品のバー...

  • 【効率化の一手】セルフレジのレンタルサービスとは?

    新しい技術の進化により、我々の日常生活は大きく変わりつつあります。 その一つが、スーパーやコンビニエンスストアでよく見かけるようになった「セルフレジ」です。 これは顧客が自分で商品...

  • 未来の小売業界をリードする無人店舗ビジネススタイルの可能性

      無人店舗は未来の小売業界をリードするビジネススタイルになります。 店員がいなくても在庫補充やレジ・防犯カメラなどのセキュリティー対策を行うことができるので、従業員がいなくても店...

  • 【最新ビジネス】冷凍食品自販機の種類と利用者の声

    「自販機」と聞くと、あなたは何を思い浮かべますか? おそらく、コーヒーやジュース、お菓子などが詰まった自販機が一番に思い浮かぶかもしれません。 しかし、現在の自販機の進化は、その想...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら