株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

無人販売所における盗難の実態と傾向を分析!法律や規制についても解説

無人販売所は、人件費や家賃などのコストを抑えられるメリットがありますが、盗難のリスクも高まります。実際、近年は無人販売所を狙った窃盗事件が相次いでいます。この記事では、無人販売所における盗難の実態と傾...

無人販売所は、人件費や家賃などのコストを抑えられるメリットがありますが、盗難のリスクも高まります。実際、近年は無人販売所を狙った窃盗事件が相次いでいます。この記事では、無人販売所における盗難の実態と傾向を分析します。また、無人販売所に関係する法律や規制についても解説します。無人販売所を運営する方や検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

 

無人販売所とは?メリットとデメリットを解説

無人販売所とは、店員無しで商品を販売している店舗のことです。主に野菜や果物などの農産物を販売することが多いです。無人販売のメリットはコストが削減できることで、デメリットは盗難の可能性が高まることです。

 

無人販売所の定義と種類 

無人販売所とは、店員がいないで商品を販売する店舗のことです。野菜や果物などの農産物を直売するものや、冷凍餃子やケーキなどの加工食品を販売するもの、さらにはうどんやアダルトグッズなどの特殊な商品を扱うものまで、さまざまな種類があります。無人販売所は、屋外に設置されるプレハブタイプや、屋内に設置される店舗タイプなど、形態もさまざまです。

 

無人販売所のメリット 

無人販売所のメリットは、コスト削減や顧客ニーズの掘り起こしです。コスト削減とは、人件費や家賃などの固定費を抑えられることです。無人販売所は、店員がいないために人件費がかかりませんし、場所によっては家賃も安く済みます。また、24時間営業が可能なために、時間帯による売上の差も少なくなります。顧客ニーズの掘り起こしとは、新たな需要を生み出すことです。無人販売所は、人と接触せずに好きなときに購入できる便利さや、地域性や季節性に合わせた商品の提供などで、顧客の満足度を高めることができます。

 

無人販売所のデメリット 

無人販売所のデメリットは、盗難や法律問題です。無人販売所は、店員がいないために防犯対策が不十分だと狙われやすくなります。実際に、近年は無人販売所を狙った窃盗事件が相次いでいます。法律問題とは、消費税や食品衛生法などの法令遵守が難しくなることです。無人販売所は、店員がいないために税金の計算や表示基準の確認などが煩雑になります。また、食品関係の無人販売所では、品質管理や衛生管理も厳しく求められます。

 

無人販売所における盗難の実態と傾向

無人販売所では、店員がいないために盗難のリスクが高まります。盗難が起きやすい理由や条件を理解し、実際に起きた盗難事件の事例から学ぶことが大切です。また、盗難が起きた場合には、被害届を提出したり、防犯カメラの映像を確認したりすることで対応しましょう。

 

無人販売所で盗難が起きやすい理由と条件 

無人販売所で盗難が起きやすい理由と条件は、主に以下の2つです。1つ目は、店員がいないことです。店員がいないので、監視や対応が不十分になります。犯人は、誰にも見られないと思って商品を持ち去ったり、料金箱をこじ開けたりすることができます。2つ目は、防犯対策が不十分なことです。防犯カメラやセンサーなどの設備がなかったり、あっても機能していなかったりする場合があります。

 

盗難が起きやすい時間帯や場所 

盗難が起きやすい時間帯や場所は、主に以下の2つです。1つ目は、夜間や早朝です。夜間や早朝は、人通りが少なく暗いため、犯人は周囲に気づかれずに行動しやすくなります。また、24時間営業の無人販売所では、夜間や早朝でも商品を購入できるため、犯人は正当な理由を装って店内に入ることもできます。2つ目は、人目につかない場所です。人目につかない場所とは、道路から離れていたり、周囲に建物や植物などの遮蔽物が多い場所です。人目につかない場所では、犯人は防犯カメラや通行人に気づかれるリスクが低くなります。

 

盗難に遭った場合の対応方法 

盗難に遭った場合の対応方法は、主に以下の3つです。1つ目は、被害届を提出することです。被害届を提出することで、警察が犯人の捜査や逮捕に動くことができます。また、被害届を提出することで、保険金の請求や損害賠償の請求もできるようになります。2つ目は、防犯カメラの映像を確認することです。防犯カメラの映像を確認することで、犯人の顔や服装、行動パターンなどの特徴を把握することができます。3つ目は、防犯対策を強化することです。防犯対策を強化することで、再発防止や予防効果を高めることができます。具体的には、防犯カメラやセンサーなどの設備を増やしたり、防犯ステッカーや注意書きなどの掲示をしたりすることです。

 

無人販売所に関する法律や規制はどうなっているのか?

無人販売所で商品を売る場合は、税金や食品衛生法などのさまざまな法律や規制に従う必要があります。無人販売所の種類や設置場所、取り扱う商品によって、許可や届出が必要となる場合もあります。

 

所得税や経費について 

無人販売所で得た収入は、所得税や住民税の対象となります。所得税は、年末調整や確定申告で納めることになりますが、無人販売所の経費や必要経費を差し引くことができます。経費や必要経費には、無人販売所の設置費用や維持費用、商品の仕入れ費用や運搬費用などが含まれます。

 

食品衛生法や表示基準などの食品関係法令について 

無人販売所で食品を売る場合は、食品衛生法や表示基準などの食品関係法令に従う必要があります。食品衛生法では、無人販売所の種類や設置場所、取り扱う商品によって、許可や届出が必要となる場合があります。例えば、調理機能を有する自動販売機や冷蔵・冷凍保管する自動販売機は、許可や届出が必要です。また、表示基準では、商品名や原材料名、賞味期限や保存方法などの情報を正確に表示することが求められます。表示は、商品自体に直接記載するか、商品と一緒に提供するかのどちらかを選ぶことができます。

 

建築基準法など店舗関係法令について 

無人販売所は、建築基準法などの店舗関係法令にも影響を受ける場合があります。建築基準法では、無人販売所が建築物の定義に該当する場合は、建築確認申請や工事着工届出などが必要となります。例えば、屋根や柱や壁を有する無人店舗は、建築物にあたります。

 

個人情報保護法や著作権法などの情報関係法令について 

無人販売所では、個人情報保護法や著作権法などの情報関係法令にも注意する必要があります。個人情報保護法では、無人販売所で個人情報を取得したり利用したりする場合は、その目的や利用範囲を明示し、本人の同意を得ることが必要です。例えば、会員制の無人販売所で顧客の氏名や住所などの個人情報を登録したり、ポイントカードやクレジットカードなどの個人情報を利用したりする場合は、個人情報保護法に従う必要があります。また、著作権法では、無人販売所で著作物を販売したり使用したりする場合は、著作者の権利を侵害しないようにすることが必要です。例えば、音楽や映像などの著作物を自動販売機で販売したり、店内で流したりする場合は、著作権法に従う必要があります。

 

まとめ

無人販売所のメリットや盗難、法律の規制について解説しました。無人販売所は、無人で店舗を運営できるので人件費がかからずコストが削減できます。しかし、無人であるがゆえに監視が不十分になり、盗難被害にあうリスクがあります。また、無人販売所は建物なので建築基準法に従わなくてはなりません。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 自動レジの値段は高いの?安く抑えるコツを紹介

    店舗内のレジを自動レジにしようと検討している人もいるのではないでしょうか。ここでは、自動レジの値段や導入するときのコツなどを紹介していくので、参考にしましょう。   自動レジなど値...

  • 自動化と拡大:無人店舗フランチャイズの成長戦略と可能性”

      最近では、無人店舗のフランチャイズがあります。 人手を必要とせず、高度な技術を活用して運営される小売店舗をフランチャイズ展開するものです。 自動化やAIが、顧客ニーズに応える効...

  • 未来の小売業界をリードする無人店舗ビジネススタイルの可能性

      無人店舗は未来の小売業界をリードするビジネススタイルになります。 店員がいなくても在庫補充やレジ・防犯カメラなどのセキュリティー対策を行うことができるので、従業員がいなくても店...

  • 【最先端ビジネス】AIと組み合わせた無人販売の未来

    現代社会のビジネスランドスケープは、テクノロジーの進化によって急速に変化しています。 その中でも、AI(人工知能)と無人販売という2つの要素が組み合わさることで、新たなビジネスの形...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら