株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

2023.07.10

view 12

便利で安全なキャッシュレス決済手段10選

  最近では、現金ではなく、電子マネーやQRコード決済などで会計を済ませる方が多くなってきました。 現金やカードを持ち歩かなくても、買い物をすることができるので、財布がなくても買い物ができるので、ちょ...

 

最近では、現金ではなく、電子マネーやQRコード決済などで会計を済ませる方が多くなってきました。

現金やカードを持ち歩かなくても、買い物をすることができるので、財布がなくても買い物ができるので、ちょっとした買い物や旅行の時の荷物を減らすのにも便利な決済です。

この記事では、キャッシュレス決済の手段について解説します。

キャッシュレス決済の普及と紹介

キャッシュレス決済の普及背景:

  • 技術の進化: スマートフォンやモバイル端末の普及により、支払い手段としての電子化が容易になりました。また、セキュリティ技術の向上により、安全な決済環境が整備されました。
  • 便利さと利便性: キャッシュレス決済は、支払いがスムーズで瞬間的に優れているため、レジでの操作を短縮することができます。また、オンラインショッピングやモバイルアプリを活用した支払いも便利で利便性が高いです。
  • 特典やポイント還元: 多くのキャッシュレス決済サービスでは、利用者に対してポイント還元などの特典を提供しています。これにより、消費者はキャッシュレス決済を選ぶ動機が考えられました。

キャッシュレス決済の普及の紹介:

  • クレジットカード: クレジットカードは世界中で広く利用されているキャッシュレス決済手段です。利用者はカードを利用して支払いを行い、一日一括払いや分割払いで決済することができます。
  • デビットカード: デビットカードは直接銀行口座から支払いを行うキャッシュレス決済手段です。カードを利用して支払いを行うと、即座に直接から支払いが反映されます。
  • 電子マネー:電子マネーは選択式の電子決済手段で、カードやハードディスク上のアプリなどで利用できます。事前にチャージすることで、商品やサービスの支払いができます。

以上のようなキャッシュレス決済の普及により、消費者は便利でスピーディーな支払いを享受することなく、事業者側も効率化やコスト削減のメリットを得ることができます。は、現代社会において重要なトレンドとなっております。

クレジットカード

クレジットカードの仕組み:

  • 発行元: 

  • クレジットカードは銀行やクレジットカード会社などから発行されます。カード会社は利用者に対して一定の信用枠を設定し、それを利用者が利用できる形で提供します。
  • 支払い方法:

  •  クレジットカードを利用して支払いを行うと、カード会社が代わりに購入代金を支払います。 利用者は指定された請求日にカード会社に対して一括払いまたは分割払いを行うことで、購入代金を返します。
  • 利息と手数料: 

  • クレジットカード会社は利用者に対して利用枠を提供する代わりに、利息や手数料を支払います。利用者が一定期間にわたって未払いの残高を持つ場合、利息が発生します。カード利用時には年会費やキャッシング手数料などの手数料がかかる場合もあります。

クレジットカードの特記事項:

  • 支払いの便利さ: 

  • クレジットカードを利用することで、現金を持ち歩く必要はありません。カード1枚で様々な場所で支払いが可能であり、買い物や旅行などの際に便利です。
  • 支払いの柔軟性: 

  • クレジットカードは一括払いだけでなく、分割払いやリボ払いといった支払い方法があります。これにより、大きな買い物をする際に負担を分散できます。
  • 特典やポイント還元: 

  • クレジットカード会社は利用者に対して特典やポイント還元などの特典を提供します。例えば、マイルやキャッシュバックといった形で利用者に還元されることがあります。
  • 安全性と保護: クレジットカードは個人情報を保護するためのセキュリティ対策が行われています。それで被害を最小限に抑えることができます。

以上がクレジットカードの基本的な仕組みと覚悟です。 なお、クレジットカードの利用には借金のリスクや適切な返済管理が必要な点に留意しなければなりません。

 

デビットカード

デビットカードの仕組み:

  • 発行元: 

  • デビットカードは銀行や金融機関から発行されます。カードは利用者の銀行口座に紐付けされており、カードを利用することで本人から支払いが行われます。
  • 支払い方法:

  •  デビットカードを利用して支払いを行うと、指定された金額が瞬間利用者の口座銀行から引き落とされます。口座に十分な残高がない場合は、支払いができない場合があります。
  • 紐付け口座の利用: 

  • デビットカードは利用者の銀行口座に直接アクセスするため、支払い額は口座残高に応じて即座に反映されます。これにより、クレジットカードのような請求書や後日の返済の手続きが不要です。

デビットカードの特記事項:

  • 安全性: デビットカードは直接心配から支払いが行われるため、借金のリスクがなく、使い過ぎがありません。また、暗証番号やチップ・ピン認証などのセキュリティ対策が行われており、不正利用へのリスクが低いです。
  • 現金不要: デビットカードを利用する場合、現金を持ち歩く必要がありません。 買い物や支払いの際に便利で、特に小銭が不要なためスムーズな取引が可能です。
  • これにより、領収書を紙で保管する必要がなく、支出の追跡や会計処理が簡単になります。

デビットカードは、クレジットカードと比較して借金のリスクがないため、支出の管理や予算の認識に役立ちます。

電子マネー

電子マネーの仕組み:

  • 入金:電子マネーを利用するためには、事前に申請した金額をチャージまたは入金する必要があります。これにより、電子マネーの残高が増え、支払い時に利用できるようになります。
  • 支払い方法:電子マネーは、専用のカードやスマートフォンアプリで支払いが行われます。支払いの際は、マネーを保持しているデバイスをリーダーや端末にかざすなどの操作が必要です。
  • 残高管理:電子マネーは事前にチャージされた残高から支払いが行われます。支払いが行われる度に残高が減少し、再度チャージする必要があります。

電子マネーの留意:

  • 便利さ:電子マネーを利用すると、財布に現金を持ち歩く必要はありません。また、支払いの際にはスマートフォンやカードをかざすだけで瞬時に決済が完了し、スピーディーな取引が可能です。
  • セキュリティ:電子マネーは暗号化された技術によって保護されており、個人情報や取引データのセキュリティが確保されています。ます。
  • ポイントや特典:電子マネーを利用することで、ポイントやキャッシュバックなどの特典を受けることができる場合がございます。これにより、よりお得に利用することができます。
  • 予算管理:電子マネーは事前にチャージするため、予算を管理しやすくなります。利用者は必要な金額をチャージすることで、使いすぎを防ぐことができます。

電子マネーは現金の代わりとして広く利用され、便利さやセキュリティの向上に貢献しています。

QRコード決済

QRコード決済の仕組み:

  • 支払い者側:支払いを行う人(利用者)は、専用のQRコードリーダーアプリをスマートフォンにインストールします。支払いの際、支払い先の店舗や事業者が表示するQRコードをアプリで読み取ります。
  • 支払い情報の送信: QRコードをとりあえずと、支払いアプリは支払い情報を暗号化して送信します。これには支払い金額や送金先の情報などが含まれます。
  • 決済の確認:支払い情報が送信されると、支払い先の店舗や事業者側のシステムが受け取ります。支払いが成功した場合、双方に確認通知が表示されます。

QRコード決済の許可:

  • 便利さ: QRコード決済はスマートフォンなどのデバイスを使用するため、現金やカードを持ち歩く必要はありません。
  • セキュリティ: QRコード決済は暗号化された通信を使用しており、支払い情報が安全に送信されます。また、利用者側でもセキュリティ機能がしっかりしたアプリを使用することで、不正利用や防犯に対するリスクを軽減できます。
  • 柔軟性: QRコード決済は店舗や事業者が専用のQRコードを作成するだけで利用できます。特別な設備や端末が必要ないため、小規模な事業者や個人でも簡単に導入することができます。
  • 情報の一元化: QRコード決済では支払い情報が電子的に管理されるため、領収書や取引履歴の管理が簡単です。利用者はアプリ上で支払い履歴を確認できるため、予算管理や経費精算などスムーズに進みます。

QRコード決済は快適性とセキュリティを確保したキャッシュレス決済手段として行われ、多くの人々に利用されています。一般的なQRコード決済サービスには、PayPay、LINE Pay、メルペイ、楽天ペイなどがあります。 利用先に事前に対応アプリをインストールする必要があるため、利用先の事業者や店舗が対応していることを確認することが大切です。

まとめ

・スマートフォンなどの電子機器が普及することで、現金以外の支払い方法が多くなりました。

また、サービスによってポイントの還元や特典が多いため、消費者は自分の利用したいサービスを利用するようになりました。

・クレジットカード・デビットカード・電子マネー・」QRコード決済が多く利用されてます。

キャッシュレス決済は現金を持ち歩かなくても決済をすることができるので、スピーディーに会計をすることができて、便利なものですが、システム障害で支払いができない場合などもあります。

一万円ほど財布に入れて持ち歩くことで、急にキャッシュレス決済ができなくなってしまったときにも買い物をすることができます。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 成功したDXツール導入事例:企業Aがどのようにデジタル変革を実現したか

    DXツールの導入は、業務の効率化・コストの削減などのメリットがあります。 企業では、ペーパーレス化が進み、デジタルへ変革しています。 書類などの記録を探しやすくなり、資源を使わず環...

  • 冬の楽しさと収入のチャンス!スキー場バイトの魅力に迫る

      冬に雪が多い地域では、スキー場のバイトを募集しています。 休日にはスキーや温泉を楽しめるので、働きながら休暇も楽しむことができます。 この記事では、スキー場バイトの魅力や、収入...

  • 福利厚生企業ランキング2023:従業員満足度持続可能な経営に輝く企業は?

    福利厚生企業ランキング2023が発表され、従業員の幸福度持続可能な経営に焦点を当てた企業が輝きました。このランキングは、従業員の福利厚生、ワークライフバランス、環境への配慮、そして...

  • 消費税対応のためのインボイス制度導入ガイド

      インボイス制度とは何か? インボイス制度は、取引における請求書(インボイス)の発行と取り扱いに関するルールやシステムのことを指します。この制度は、取引の透明性と税務手続きの効率...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら