株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジ補助金で店舗改革!今知っておきたいポイントは?

はじめに:セルフレジとは何か  本稿は、店舗を運営している方がセルフレジを導入する際に押さえておくべきポイントを解説するものですが、その前に、そもそも「セルフレジとは何か」から解説することとします。 ...

はじめに:セルフレジとは何か 

本稿は、店舗を運営している方がセルフレジを導入する際に押さえておくべきポイントを解説するものですが、その前に、そもそも「セルフレジとは何か」から解説することとします。

 

セルフレジ概要

セルフレジは、顧客が自分で商品のバーコードをスキャンして支払いを行うことができるレジスターのことを指します。英語で「Self-Checkout」とも呼ばれます。これにより、従来のようなレジにおける店員とのやり取りを省くことができ、購入プロセスをスムーズに行うことができます。

 

セルフレジの使い方

  1. 商品のバーコードをセルフレジのスキャナーにかざして読み取ります。
  2. 画面上にスキャンした商品の情報と価格が表示されます。
  3. すべての商品のスキャンが終わったら、支払い方法を選択します(現金、クレジットカード、電子マネーなど)。
  4. 支払いが完了すると、領収書が出力されます。

 

セルフレジのメリット

以下のようなメリットはあります。(ただし、初めて使うときなど操作方法が分からない場合は店員のサポートが必要になることもあります。)

 

  • レジ待ちの時間を短縮できる。
  • 顧客は自分のペースで購入プロセスを進めることができる。
  • 店舗側は従業員の労力を節約できる。

 

なぜ今、セルフレジを導入すべきなのか

 

近年、デジタルトランスフォーメーション(デジタル技術を社会に浸透させて人々の生活をより良いものへと変革することを指す言葉)の波はリテール業界(小売業界)にも大きく影響を及ぼしています。中でも、セルフレジの導入は多くの店舗で注目されているトピックの一つです。さて、なぜ今セルフレジを導入すべきなのでしょうか?

 

レジ待ち時間の削減

セルフレジの導入により、ピーク時に発生する長いレジ待ち行列を短くすることが可能です。顧客のショッピング体験が向上し、再訪率のアップにも繋がります。

 

労働力不足への対策

現在、労働力不足は多くの業界で深刻な問題となっています。セルフレジの導入により、従業員の労力を有効に使い、他のサービスの充実や育成に労力を割くことができます。

 

補助金を活用した導入の機会

政府や自治体が提供している補助金を利用することで、セルフレジの導入コストを大幅に削減することが可能です。これにより、初期投資の負担を軽減し、他の改善が必要な分野への投資や、新たなサービスの導入に資金を振り分けることができます。

 

当然のことながら、新しいテクノロジーへの早期対応は、先進的で顧客志向の店舗としてブランドイメージを高める要因となります。補助金が活用できるならそのチャンスを逃さず、今のうちから調査等のアクションを起こされることをおすすめします。

 

データ活用の新しいチャンス

セルフレジを導入することで、購買データの収集や分析が容易になります。顧客の購買傾向やプロモーションの効果測定など、ビジネス戦略をより精緻に進める材料を得ることができるのです。




  

補助金を取得するには

 

詳細は、地域や該当する補助金制度によって異なりますが、ここでは一般的な手続きや必要書類、注意点についてまとめることとします。

 

情報収集

  1. 補助金情報の確認
    まず、自治体や関連機関の公式サイトを確認し、補助金の募集情報や応募要件をチェックします。
  2. 事前セミナー
    応募する前に事前セミナーが開催される場合があります。このセミナーは参加が義務付けられていることもあるため、確認して参加しましょう。

 

必要書類の例

  1. 補助金申請書
    補助金の申請に必要な基本的な書類です。
  2. 事業計画書
    セルフレジ導入による効果や予測を具体的に示したもの。
  3. 見積書
    セルフレジ導入に必要な費用の見積もり。
  4. その他
    所在地証明税金の納付状況証明書事業者の登録証明書など、具体的には自治体や補助金の種類によって異なります。

 

注意事項

  1. 正確な書類作成
    必要書類は正確に、そして具体的に記入することが求められます。不正確な情報や不足している部分があると、補助金の取得が難しくなることも。
  2. 補助上限
    補助金には取得できる上限金額が設定されている場合があります。事前に確認しておきましょう。
  3. 実施後の報告義務
    補助金を受け取った後には、使用状況や成果に関する報告が求められることが多いです。この報告義務を怠ると、補助金の返還を求められる場合があります。

 

事例紹介~補助金を利用してセルフレジを導入した店舗の事例

ここで、中規模の都市部に店舗を持つスーパーマーケットチェーン(「Xマート」と呼ぶことにします。)と、都心部のオフィス街にあるカジュアルなカフェチェーン(「Yカフェ」と呼ぶことにします。)の2つの事例を紹介します。

 

事例1:Xマートの場合

背景

Xマートでは、ピーク時のレジの混雑や労働力不足の問題を抱えていましたが、補助金の存在を知り、セルフレジの導入を決意しました。利用したのは、地域の商業振興補助金で、50%のコストを補助してもらうこととなりました。

 

導入後の変化

  1. レジ待ち時間の大幅削減
    ピーク時間でもレジ待ちの時間が半分以下に短縮。
  2. 労働力の最適化
    レジ作業から解放されたスタッフは、品出しや顧客サービスの強化、在庫管理などの他の業務に注力。
  3. 顧客満足度の向上
    セルフレジによるスムーズな買い物体験を評価する声多数。
  4. データ収集と活用
    セルフレジの使用データを分析し、商品配置やセールの最適化が可能に。

 

課題と解決策

初期の導入時には、特に高齢の顧客から「使い方が分からない」という声が上がったそうです。そこでXマートは、スタッフを配置して使い方をアシストし、また利用方法のポスターや動画を店内に設置したところ、数ヶ月後には大多数の顧客が問題なくセルフレジを使用できるようになったとのことです。

 

評価

補助金を活用したセルフレジの導入は、Xマートにとって大きな成功をもたらしました。売上の増加顧客の満足度向上労働コストの削減など、多岐にわたるメリットを享受していると言えます。

 

事例2:Yカフェの場合

背景

Yカフェは、ランチタイムには多くのサラリーマンやOLが利用するお店で、注文や支払いの混雑が日常的に発生していました。短いランチタイムの中で、「より多くの顧客にスムーズなサービスを提供したい」という考えからセルフレジの導入を決意しました。

 

導入後の変化

  1. オーダー時間の短縮
    客が自らのペースで注文・支払いを行えるため、オーダー受付時間が大幅に短縮。
  2. 新商品のトライアル率向上
    セルフレジの画面上での特集や推奨メニューにより、新商品のトライアル率が上昇。
  3. 労働力の再配置
    セルフレジの導入によるスムーズな買い物体験を評価する声多数。

 

課題と解決策

セルフレジの導入直後、特にテイクアウト主体の顧客から「オーダーの受取り時間が長くなった」とのフィードバックがありました。これに対応するため、セルフレジと連動した受注管理システムを導入しました。これにより、オーダー内容に応じた最適な調理・提供フローが実現し、顧客待ち時間の短縮に成功したとのことです。

 

評価

Yカフェのセルフレジ導入は、サービスの効率化と顧客体験の向上の双方で大きな成功を収めた事例です。特にピーク時のオペレーション改善は、再訪率の増加や新規顧客の獲得に寄与しました。

 

まとめ

セルフレジの導入は、現代のリテール業界(小売業界)における効率化や顧客サービスの向上に欠かせないものとなりつつあります。店舗の未来を刷新する大きな一歩となることは間違いなく、しかも補助金の活用により、その一歩をより確実かつ経済的に踏み出すことが可能です。

今がチャンス! セルフレジに関する補助金の詳細を確認し、店舗改革の第一歩を踏み出してみませんか?

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • セルフレジの使い方とメリットを徹底解説!

    セルフレジとは、商品のバーコードを自分で読み取って精算するレジシステムです。最近では、スーパーやコンビニなどでよく見かけるようになりましたが、使い方に不安を感じる方も多いのではない...

  • セルフレジトラブル:セルフレジでのトラブル対処法とは?

    セルフレジが導入されることで、スピーディーな買い物ができるようになっています。 お客様自身で会計を済ますことができて、様々な支払方法が利用できるので、キャッシュレス決済や電子マネー...

  • 「セルフレジ時代の到来!現金派も安心の公平性とセキュリティ」

    コンビニやスーパー、飲食店でセルフレジの導入が多くなりました。 レジを打つ人がいなくても、お客さんが商品登録や食事をしたお会計をするので、店側の人員削減につながります。 お客様とし...

  • セルフレジの役割と導入による利点を解説

    セルフレジの役割と導入による利点を解説 この記事では、セルフレジが果たす役割と、それによりもたらされる利点について説明します。近年、セルフレジの導入はますます一般的になっていますが...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら