株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジ導入の隠れた落とし穴:スルー問題とその解決策

セルフレジが導入される店舗が多くなり、お客様はスピーディーに会計をすることができて、支払方法が多いことから「便利になった。」と話される方が多いです。 しかし、通し忘れてしまうことがあり、通し忘れの対策...

セルフレジが導入される店舗が多くなり、お客様はスピーディーに会計をすることができて、支払方法が多いことから「便利になった。」と話される方が多いです。

しかし、通し忘れてしまうことがあり、通し忘れの対策が必要になります。

この記事では、セルフレジの通し忘れについて対策を解説します。

スルーが発生する主な原因の分析

  • 操作の煩雑さ: 
  • セルフレジは自分で商品をスキャンし、支払い手続きを行うシステムです。しかし、操作手順が複雑だったり、画面表示がわかりにくかったりすると、ユーザーが混乱しやすくなり、商品のスルー忘れが発生する原因となります。
  • 不適切な商品配置: 
  • セルフレジエリアにおいて、商品の陳列や配置が適切でない場合もスルー忘れの原因となります。商品が見えづらかったり、スキャンしにくい位置に配置されていたりすると、ユーザーが一部の商品を見落としてしまい、スルー忘れが生じる可能性があります。
  • 横断的な商品の処理: 
  • セルフレジでは、商品を個別にスキャンする必要がありますが、一度に複数の商品を持っている場合や、大きな商品を扱う際にはユーザーが手間を感じることがあります。このような状況では、一部の商品を見落としてしまう可能性が高まります。
  • 支払いプロセスの不明確さ: 
  • セルフレジにおいて、支払い手続きの方法や支払い画面の操作手順がわかりにくいと、ユーザーが迷ったり、手間取ったりすることがあります。これにより、一部の商品の支払い処理を忘れてしまうことがあります。
  • ユーザーの疲労や急ぎ足: 繁忙時や長時間の買い物後など、ユーザーが疲れていたり、時間に追われている場合は、ユーザーが不注意になりやすくなります。その結果、商品のスキャンや支払いの確認を急いで行い、一部の商品を見落としてしまうことがあります。

スルーを解決するための具体的な解決策の提案

  • ユーザーインターフェースの改善: セルフレジの画面表示や操作手順をわかりやすくすることが重要です。視覚的に分かりやすいアイコンや指示文を使用し、ユーザーが商品をスキャンする際の手順を簡素化します。また、明るい照明や商品の配置を工夫することで、見落としやすい商品を減らすことができます。
  • 商品の配置改善:
  •  セルフレジエリアにおいて、商品の配置を見直します。商品は見やすく、スキャンしやすい位置に配置することが重要です。また、関連商品を近くにまとめて配置することで、ユーザーが一度に複数の商品を見落とす可能性を減らすことができます。
  • スキャン支援技術の導入: 
  • 最新の技術を活用し、スキャン支援システムを導入することで、スルー忘れを防止できます。例えば、カメラやセンサーを使用して、商品のスキャンを自動的に補完する機能を実装することが考えられます。これにより、ユーザーが商品を見落とすリスクを低減することができます。
  • ユーザー教育とサポート: 
  • ユーザーに対してセルフレジの正しい操作方法や注意点を教育することが重要です。店舗内でのトレーニングやデジタルガイドの提供、スタッフの常駐など、ユーザーが不安や疑問を解消できる環境を整えることが有効です。また、スタッフがユーザーをサポートする体制を整えることで、スルー忘れの発生に迅速に対応できます。
  • ユーザーフィードバックの活用:
  •  ユーザーからのフィードバックを積極的に収集し、セルフレジの改善に反映させることが重要です。アンケートやフィードバックボックスの設置、オンラインの評価やレビューの収集など、ユーザーの声を集める仕組みを整えます。これにより、改善のための具体的な施策や課題の把握が可能になります。

解決策の効果と実装方法の説明

  • ユーザーインターフェースの改善:
    • : ユーザーがセルフレジの操作効果手順を忘れやすくなり、スルーのリスクが軽減されます。ユーザーのストレスや不安も軽減され、スムーズな利用体験が提供できます。
    • 実装方法: インターフェースのシンプル化やアイコンの使用、視覚的なガイドラインの導入などにより、ユーザーが直感的に操作できるようにします。テストやユーザーの幼い頃のフィードバック改善を行い、使いやすいインターフェースを実現します。
  • 商品の構成改善:
    • 効果:商品が最適設定されていることで、ユーザーがスキャンしやすくなります。商品の見落としや手間を減らし、スルー忘れの発生を防ぎます。
    • 実装方法: 商品の陳列ルールを策定し、関連商品を近くに配置したり、スキャンしやすい高さや角度に配置したり。また、明るい照明や視認性の高い表示を使用することで、商品の認知性を向上させます。
  • スキャン支援技術の導入:
    • 効果: カメラやセンサーなどの技術を活用することで、ユーザーがスキャンする際の手間や見落としのリスクを軽減します。商品のスキャンが正確に行われ、スルー忘れが軽減します。
    • 実装方法: レジシステムにカメラやセンサーを組み込み、商品を自動的に識別・スキャンする機能を実装します。商品のバーコードや特徴を認識し、必要な情報をセルフ補完する仕組みを構築します。
  • ユーザー教育とサポート:
    • 効果: ユーザーが正しい操作方法や注意点を理解し、セルフレジをスムーズに利用できるようになります。 不安や疑問を解消し、スルー忘れの発生を防ぎます。
    • 実装方法: 店舗内でのトレーニングやデジタルガイドの提供、スタッフの常駐によるユーザーサポートを実施します。セルフレジの利用方法やトラブルシューティングに関する情報を提供し、ユーザーが適切に操作できるようにサポートします。
  • ユーザーフィードバックの活用:
    • : ユーザーからのフィードバックを収集し、改善のための追記を実施することで、セルフレジの普及性とスルー忘れの削減につながります。ユーザーの声を反映させることで、より使いやすい環境を提供できますます。
    • 実装方法: アンケートやフィードバックボックスの設置、オンラインの評価やレビューの収集を行います。ユーザーの意見や要望を収集し、定期的な改善プロセスに反映させます。

これらの解決策の効果を最大限に引き出すためには、具体的な実装方法を適切に選択し、継続的なユーザーのフィードバックと改善サイクルを確立することが重要です。

最新のテクノロジーとユーザー教育の活用によるスルー忘れ対策の可能性についての展望

これらの展望によって、テクノロジーとユーザー教育が連携してスルー忘れ対策が進化することが期待されます。 ユーザーはより使いやすい環境でセルフレジを利用し、スムーズかつ効率的に買い物を楽しめることができるでしょう。

まとめ

・セルフレジが導入されたことで、通し忘れてしまう商品が出てきます。

・商品を見づらい箇所に入れてしまっていたり、複数の商品を会計するのに一部の商品を見落としてしまうことが原因です。

・ユーザーにセルフレジの使用方法について教えることが大切です。

スキャンシステムを導入することもスキャンし忘れの対策に上げられます。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 【売れるものがわかる】無人販売の商品選び術

    近年、コスト削減や労働力不足の解消、新型コロナウイルスの影響などから無人販売の需要が増加しています。 その中で、無人販売の成功の鍵を握るのは「どんな商品を選ぶか」です。 売れ行きの...

  • 【ドラッグストアの新常識】セルフレジによる便利な買い物

      ドラッグストアは私たちの生活に欠かせない存在です。 健康食品から化粧品、日用品まで幅広く取り扱っているため、我々の日々のニーズに対応しています。 しかし、同時に、チェックアウト...

  • 酒のセルフレジ普及に伴う問題点と解決策

    セルフレジでは、酒の購入時に、未成年の方がお酒を購入しようとしたときに購入できてしまうことがあります。 セルフレジだけでは、購入する人の年齢を正確に確認することができないからです。...

  • 人件費削減の末路:企業が直面する潜在的なリスク

    セルフレジの導入やAIの進歩で、店舗では人手を少なくして営業をすることがすすめられています。 人件費を減らすことで、他のことにお金がかけられるところがいい反面、滞在的なリスクもあり...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら