株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジは人材不足の救世主になるのか?

セルフレジは人材不足を解消することができるのかが期待されています。ここでは、セルフレジで人材不足を解消することができるのかや導入する際に注意点などを紹介します。   セルフレジで人材不足の解消が期待で...

セルフレジは人材不足を解消することができるのかが期待されています。ここでは、セルフレジで人材不足を解消することができるのかや導入する際に注意点などを紹介します。

 

セルフレジで人材不足の解消が期待できる理由

セルフレジで人材不足を解消する効果が期待されます。そのため、人材を確保することができていない場合や不足している場合はセルフレジを導入してみてはいかがでしょうか。次に、セルフレジで人材不足を解消する効果が期待できる理由を紹介します。

 

レジ打ちの人材が必要なくなる

セルフレジで人材不足を解消することができる理由はレジ打ちの人材が必要なくなるからです。従来のレジであれば必ず一台に一人の人材が必要になり、それだけでも人件費が多くなってしまいます。なかには常にレジに人材がいるのではなく、購入者が訪れた時のみにレジ打ちをする場合もありますが、一つの業務に集中することができないので、ミスをしてしまったり、購入者が来ているにも関わらず気付かずに待たせてしまうこともあります。

 

セルフレジであればそのような状況に陥りにくいです。

 

他の業務に専念することができる

上記でも一部紹介しましたが、セルフレジを導入すればレジ打ち業務をしなくても良くなるため、他の作業に集中することができます。その結果ミスをしてしまうリスクを減らすことができ、従業員の負担を軽減することも可能です。従業員の負担が軽減されれば、離職してしまうリスクを下げることも期待でき、人材不足になってしまうことを回避することができます。人材不足になる理由はさまざまありますが、離職率が高いほど慢性的な人材不足になりやすいです。

 

セルフレジは上記でも紹介したようにレジ打ちの人材を減らすことができ、なおかつ離職率を下げることも期待できるので2重の意味で人材不足対策ができます。

 

人材不足解消のためにセルフレジを導入するときに気を付けること

セルフレジを導入する理由に人件費削減であったり、人材が不足しているなどの場合が多く、導入することで解決する可能性があります。しかし、場合によってはあまり効果が出なかったり、逆に人材が必要になってしまう場合もあります。次に、人材不足解消のためにセルフレジを導入する際に気を付けることを紹介します。

 

バーコード無しの商品は手間がかかる

セルフレジは使い方によっては便利ではありますが、取り扱っている商品によっては向いていない場合もあります。それはバーコードがついていない商品です。セルフレジは購入者が商品についているバーコードをスキャンして会計を済ませるレジのことであり、いままでスタッフが行っていたことをする必要があります。しかし、商品にはバーコードがついていない場合もあり、そのような場合は特別な操作をしなければなりません。

 

バーコードがない場合は画面にタッチして項目などを選び、商品を探し出し、個数も入力しなければならないため、慣れていないと時間がかかってしまいやすいです。したがってバーコード無しの商品が多い場合はセルフレジは向かない傾向があります。ただし、Amazon GOが提供している自動レジであれば、バーコードがついていない場合が多い野菜類などでもセンサーで会計を済ませることができるので、セルフレジよりもウォークスルータイプのレジの方が向いている可能性が高いです。

 

サポートをする人材が必要になる場合もある

セルフレジは人材不足を解消することが期待できますが、場合によっては逆に人材が必要になったり、人材不足が解消されない可能性もあります。その理由はセルフレジの使い方に慣れていない人をサポートする必要があるからです。セルフレジは従来のレジとは違い購入者がしなければならないことが多く、初めての人ではうまく会計ができない場合が多いです。

 

また、導入されているセルフレジによって若干使い方が変わってしまうこともサポートする人材が必要になる理由です。サポートをする人材がいないとトラブル時に対応することができなかったり、レジ前に行列ができてしまう原因にもなります。このような状況にならないためにも従来のレジも残しておくことをおすすめします。

 

ごまかしのリスクが高くなる

セルフレジはごまかしや万引きのリスクが高まってしまいます。その理由は購入者がバーコードをスキャンするからであり、バーコードをスキャンせずに会計を済ませることができてしまうからです。そのため、セルフレジを導入する場合は防犯カメラを設置することや監視するシステムの導入、画面での監視などが必要になります。ただし、レジが複数ある場合や混雑する場合は監視する人材の人数によっては対応できない場合も多くなってしまいます。

 

回転率が悪くなる可能性もある

セルフレジを人材不足解消のために導入することも多いですが、回転率が悪くなってしまうこともあります。回転率が悪くなってしまう原因はセルフレジの扱いに慣れていない購入者がいるからです。セルフレジの導入件数は増えてきていますが、まだまだ認知されているわけではなく、セルフレジを使ったことがない人が多いです。使い慣れていないとセルフレジで会計をする場合と従来のレジで会計する場合では後者の方が早く会計を済ませることができる場合が多いです。

 

また、バーコードの位置を探すのに時間がかかってしまうことも回転率が悪くなる原因です。レジの回転率が悪くなってしまうと行列ができてしまい、会計待ちの人を増やしてしまいかねません。

 

セルフレジ以外の人材不足を解消する方法

セルフレジでも人材不足を解消することもできますが、上記で紹介したようにサポートする人材が必要であったり、監視する人が必要になるなど、場合によっては人材不足解消につながらない場合があります。そのため、人材不足を解消したいのであれば、セルフレジだけに頼るのではなく、違う方法でも人材不足を解消する工夫をしましょう。

 

人材確保を本格的に行う

人材が不足しているのであれば、人材を確保することをおすすめします。人材を確保することで人材不足を解消することができます。しかし、人材確保はすぐにできるわけではなく、場合によっては長い期間が必要になってしまう場合もあります。そのため、早めに人材確保をするようにしましょう。人材を確保する方法はハローワークなどの求人情報で応募することです。多くの媒体で応募することで効率よく人材を確保することができます。

 

離職率を下げる

いくら人材を確保しても離職率が高ければ、再び人材不足の状態に陥りやすいです。そのようなことが続いているのであれば、離職率を下げる工夫をしましょう。そのためには離職率が高くなってしまっている原因を究明することが必要になります。例えば、職場環境が悪いのであれば、働きやすい環境づくりを行い、雇用条件が悪いのであれば、時給を増やしたり、休みの日を増やすなどすれば離職率を下げることが期待できます。

 

まとめ

セルフレジで人材不足を解消する効果は期待できますが、必ず解消できるわけではありません。そのため、セルフレジは人件費を削減したいときなどに導入したり、人材確保をするようにして人材不足の状況を脱するようにしてはいかがでしょうか。





  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 【初めての導入】セルフレジ導入の費用を理解する

    近年、レジ業務の効率化と顧客体験の向上を目指す多くの企業が、セルフレジの導入を検討しています。 しかし、「どの種類のセルフレジを選べばいいのか?」「それぞれの導入費用はどの程度なの...

  • 【理解するセルフレジ】そのテクノロジーと仕組み

      近年、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ドラッグストアといった場所で見かけることが増えてきた「セルフレジ」。 買い物客自身が商品のバーコードを読み取り、支払いを行うこの...

  • 人手不足対策として注目される無人コンビニセルフレジ

    セクション1: 無人コンビニセルフレジとは サブセクション1-1: 無人コンビニセルフレジの概要と仕組み 無人コンビニセルフレジとは、従来のコンビニエンスストアの仕組みに自動化技術...

  • セルフレジの導入が顧客にもたらすメリット・デメリットを解説

    セルフレジは便利さを追求する現代の象徴です。しかし、その便利さの裏にはメリットとデメリットが存在します。この記事では、セルフレジが顧客に与える影響について詳しく解説します。セルフレ...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら