株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジの台頭と店員の役割の変化

    最近お店では、セルフレジで、お客様が自分で会計を済ましている姿を多く見かけます。 現金だけでなく、クレジットカード・QRコード決済・電子マネーでの支払いにも対応できるので、お客様はさまざまな支...

 

 

最近お店では、セルフレジで、お客様が自分で会計を済ましている姿を多く見かけます。

現金だけでなく、クレジットカード・QRコード決済・電子マネーでの支払いにも対応できるので、お客様はさまざまな支払方法を選択することができ、便利で決済方法が豊富なセルフレジを導入する店舗が増えております。

セルフレジの導入で、店舗の店員の役割が変化しております。

レジ打ちをする必要がなくなり、他の業務を行うことができるからです。

この記事では、セルフレジが導入されることで、店員の役割と、AIや自動化技術の進化による店舗の更なる変化について解説します。

テクノロジーの進歩と小売業界の変化

テクノロジーの進歩は小売業界に大きな変化をもたらしています。これまでの小売業は、店舗内での商品陳列や販売を中心に行ってきましたが、最近では様々なテクノロジーが導入され、消費者のニーズに合わせたより便利でスムーズなショッピング体験を提供するようになりました。

まず、インターネットの普及により、オンラインショッピングが急速に広がりました。地理的な論点が少なくなり、消費者はより広範囲の商品にアクセスすることが可能になりました。

また、モバイル技術の発展により、スマートフォンやタブレットを利用したモバイルショッピングも一般的になりました。 消費者はいつでもどこでも商品を検索し、価格比較やレビューの閲覧ができます。これにより、実店舗での支払いも簡素化されました。

さらに、センサーやRFID(無線認識)技術、ビッグデータの活用など、さまざまな技術が店舗内の効率化や顧客行動の分析に活用されています。例えば、センサーやRFIDを商品に組み込むことで在庫がございます。

さらに、ビッグデータ分析によって、消費者の購入パターンや好みを把握し、個別のオファーやパーソナライズされたサービスを提供することも可能になりました。

これらのテクノロジーの進歩により、小売業界では消費者により良いショッピング体験を提供するための努力が加速しています。運営や競争力の強化を追求する必要があります。

セルフレジの普及の背景

セルフレジの許可と普及の背景は、消費者の受け入れ性と小売業界の効率化への要望によって推進されました。

セルフレジは、顧客が自分で商品をスキャンし、支払い手続きを行うことができるシステムです。これにより、店内を歩き回って商品を探す必要がなく、セルフレジは24時間稼働している場合もあり、消費者は自分の都合の良い時間にショッピングをすることができます。

一方、小売業界では効率化とコスト削減のニーズが少しありました。 従来のレジシステムでは、店員が商品をスキャンし、支払いを受けるという手続きを行っていました。費用がかかり、特に面倒な時に長い待ち列が発生しました。当面の課題を解決するために、小売業界はセルフレジの導入に注目し始めました。

また、セルフレジシステムはデジタル決済やクレジットカードの利用でも簡単に支払い手続きをスムーズに行うことができます。

これらの課題から、小売業界ではセルフレジの許可と普及が進められました。 消費者はより便利なショッピング体験を求め、小売業者は効率的な運営とコスト削減を追求するため、セルフレジは必要と供給現在では、多くの小売店がセルフレジを導入し、消費者に多様な選択肢と便利さを提供しています。

伝統的な店員業務とセルフレジの重複点と対立点

重複点:

  1. 商品情報提供:伝統的な店員業務では、お客様に商品の情報や特徴を提供する役割があります。同様に、セルフレジでも商品のスキャン時に表示やタッチスクリーンに商品情報を表示することがあります。
  2. 支払い処理のサポート: 店員は伝統的なレジにおいて業務支払い処理を行いますが、セルフレジでも必要に応じて支払いに関するサポートや手続きの案内を行っております。

対立点:

  1. 顧客対応と接客: 伝統的な店員業務では、顧客の要望や問い合わせに対応し、商品アドバイスに関するサービスを提供する役割があります。

ただし、セルフレジでは消費者が自ら商品を処理するため、直接的な接客や対面のサポートは限られております。

  1. 問題解決とトラブル対応: 伝統的な店員業務では、商品のトラブルや不具合、支払いの問題に対して店員が迅速に対応し解決します。 ただし、レジセルフでは自己処理となるため、トラブルが発生した場合、消費者は自己解決を試みるか、店員への支援を求める必要があります。
  2. 顧客サービスの個別性と人間の要素: 伝統的な接客業務では、顧客との対話や関係構築、個別のニーズや要望に応えることが重要です。 
  3. 個別のサービスや人間の要素が保留される可能性があります。

これらの重複点と対立点は、セルフレジの普及によって店員の役割が変化する一因となっています。

小売業界では、セルフレジと店員のバランスを配慮しながら、効率的な自己処理と顧客サービスの提供を考える方法を考えています。

 

新たな役割への適応とスキル要求

 

セルフレジの普及により、店員の役割は従来の業務から新たな役割への適応が求められています。これに伴い、店員に求められるスキルも変化しています。

  1. スキル技術の要求: レジセルフの操作やトラブルの解決に関する技術スキルが求められます。店員はセルフレジシステムの操作方法やトラブルシューティングに詳しくなる必要があります。また、モバイル決済やオンライン注文など、テクノロジーを活用した新しい支払い方法に対応するためのスキルも重要です。
  2. コミュニケーションスキル: セルフレジを利用するお客様へのサポートや質問への対応において、良好なコミュニケーションスキルが必要です。店員は親切かつ分かりやすく説明し、お客様の疑問や不安を解消する役割を担います。お客様からのフィードバックを受け入れ、改善点や問題点を迅速に把握し対応する能力が重要です。
  3. カスタマーサービスのスキル: セルフレジの普及により、店員の役割は初期レジ処理のもの以上となりました。お客様にとって良いショッピング体験を提供するため、店員は親切で丁寧なカスタマーサービスのスキルを持つ必要があります。商品のご案内や推奨、特別なご要望への対応など、お客様のニーズに応える能力が求められます。
  4. 問題解決能力: レジのセルフ利用中に発生するトラブルやエラーへの対応能力が必要です。店員は迅速かつ効果的に問題を解決し、お客様のストレスを軽減する役割を果たします。し、適切な対策を長くする能力が求められます。
  5. チームワークと柔軟性: セルフレジの導入により、店員は他のスタッフと連携し、チームワークを発揮する必要があります。

今後サポートし合い、店舗の運営やお客様の満足度向上に貢献するための柔軟性も重要です。

例えば、時々セルフレジ以外の業務に臨時に配置されることもあります。

以上のように、セルフレジの普及に伴い、店員には技術スキル、コミュニケーションスキル、カスタマーサービスのスキル、問題解決能力、チームワークと柔軟性が求められています。 

店員は、変化する小売業界に対応する能力を身につける必要があります。

まとめ

この記事の内容をまとめます。

・店舗だけでなく、オンラインショッピングでの商品購入が増えています。

店舗では、良いショッピング体験をできるか、運営や競争力の強化を目指しています。

・セルフレジを導入することで、会計をスムーズにさまざまな支払方法で決済することができます。

・セルフレジと店員のバランスを配慮しながら、顧客に良いサービスを提供することができるかがポイントです。

・セルフレジの普及に伴い、店員には技術スキル、コミュニケーションスキル、問題解決能力、チームワークなど、AIができない内容が求められます。

 

AIには、お客様とコミュニケーションを取ること、重い荷物を運んであげたり、お客様へのサービス、商品について解説など、AIには出来ないようなコミュニケーションや、周りのスタッフとチームワークで、お客様の顧客ニーズに柔軟に答えることができません。

AIのできない仕事はたくさんあるので、人でしかできない接客スキルを身につけましょう。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 手間を減らして効率化!セミセルフレジのスマートな活用術

    セミセルフレジとは? セミセルフレジとは、自動レジと従来の人手によるレジの中間的な仕組みのことを指します。顧客自身が商品のバーコードを読み取り、支払いを行うセルフレジの要素と、店員...

  • セルフレジ補助金で店舗改革!今知っておきたいポイントは?

    はじめに:セルフレジとは何か  本稿は、店舗を運営している方がセルフレジを導入する際に押さえておくべきポイントを解説するものですが、その前に、そもそも「セルフレジとは何か」から解説...

  • 無人レジスーパーのメリットとデメリットについて

      無人レジスーパーが日本各地で広まりつつありますが、一体どんな利点と課題があるのでしょうか。この記事では、無人レジスーパーのメリットとデメリットを中心に解説していきます。また、後...

  • 【変化するレジ環境】店員の役割とセミセルフレジの導入

      近年、テクノロジーの進化により、店頭での買い物体験は大きな変化を遂げています。 その中で特に目を引くのが「セミセルフレジ」の導入です。 セミセルフレジとは、顧客自身が商品のバー...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら