株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セルフレジのメリットとは?自動レジとの違いは?

セルフレジを導入することで得られることがあり、導入件数も増えている傾向があります。ここでは、セルフレジのメリットや自動レジとの違いなどを紹介していきます。   セルフレジのメリット セルフレジにはメリ...

セルフレジを導入することで得られることがあり、導入件数も増えている傾向があります。ここでは、セルフレジのメリットや自動レジとの違いなどを紹介していきます。

 

セルフレジのメリット

セルフレジにはメリットがあり、経営にも大きく影響することもあります。セルフレジのメリットを把握することで導入する意欲も高まりやすいです。次に、セルフレジのメリットを紹介するので、セルフレジを導入するかどうか悩んでいる人は参考にしましょう。

 

セルフレジとは

セルフレジのメリットを知る前にセルフレジとはどのようなレジなのかを知るようにしましょう。従来のレジはバーコードの読み取りから会計までスタッフが行い、顧客側はお金を支払うだけです。しかし、セルフレジはバーコードの読み取りから支払い、商品の袋詰めなども全て行う必要があります。顧客側の負担が大きくなりやすいですが、店舗側からすれば得られるメリットは多くなります。

 

人件費削減につながる

セルフレジを導入することで人件費削減につながります。経営が厳しい時には支出を抑えることが鉄則であり、人件費が対象になる場合も多いです。セルフレジを導入すれば、レジ打ちをするための人材が必要なくなるため、少なくても一人分の人件費を減らすことができます。また、人数を減らすのではなく、シフトに組む人数を減らすことも期待できるので、結果的に人件費削減につながります。その他にもスタッフの負担を軽減する効果も期待できます。

 

売り上げ計算のミスがなくなる

セルフレジは売り上げの計算ミスをしなくなるため、正確な売り上げを出すことができます。また、売り上げを出す手間も軽減することができるので、経営者や店長などの負担が減ります。売り上げの計算が合わない主な原因は計算ミスであったり、お釣りの間違えなどです。セルフレジには自動会計システムが導入されている場合が多く、自動でお釣りが出る仕組みになっているため、お釣りの金額でミスをしてしまうことはありません。

 

このメリットもスタッフの負担を軽減することができ、従来のレジでも自動会計システムが導入されている場合も多くなっています。

 

回転率が上がる

セルフレジを導入することで回転率が上がる可能性があります。回転率が上がればレジ前に行列ができてしまうことを防ぎ、顧客を待たせてしまうことを防ぐことも可能です。しかし、このメリットは必ず得られるわけではなく、逆に回転率が下がってしまうことも考えられます。

 

セルフレジの扱いに慣れている顧客が多ければ回転率が上がる可能性がありますが、慣れていない顧客が多いと逆に会計を済ませるまでに時間を必要としてしまうため、回転率が悪くなり、クレームの原因になってしまいます。

 

セルフレジのメリットだけではなく、デメリットもある

セルフレジにはメリットだけではなく、デメリットもあります。そのため、セルフレジの導入を検討しているのであれば、デメリットを把握しておくことをおすすめします。メリット・デメリットを把握してからセルフレジを導入するかを決めるようにすれば、導入して後悔してしまうリスクを減らすことができます。

 

万引きのリスクがある

セルフレジは万引きやごまかしのリスクが高くなってしまう可能性があります。従来のレジであれば、バーコードの読み取りはスタッフが行うため、バーコードの打ち忘れはほとんど起きないといっても過言ではないでしょう。しかし、セルフレジは顧客がバーコードを読み取る作業を行うため、バーコードを読み込ませずに会計を済ませることができてしまいます。このようなことへの対策は防犯カメラを設置していることをレジ前で知らせることで抑止力を働かせることが期待できます。

 

また、スタッフの人員を増やし、レジ周りに配置することでも抑止力を発揮することが可能です。しかし、この方法では人件費を削減することができなくなってしまうデメリットがあります。セルフレジでのごまかしは万引きを故意にしたのかうっかりミスなのか判断できないということも多いです。顧客側もスキャンしたつもりでもできていないということもあり、もし不安に感じたのであれば、余計な疑いを持たれないようにスタッフを呼んで確認してもらうようにしましょう。

 

初期費用がかかりやすい

セルフレジを導入するのであれば、初期費用がかかってしまい、従来のレジよりも費用が多くなってしまいます。そのため、初期費用を多く確保しておくことが必要になります。ただし、セルフレジを購入する以外にもレンタルするという方法もあり、この方法であれば初期費用を抑えることが期待でき、気軽にセルフレジを導入することが可能です。

 

また、セルフレジを初めて導入する際に思ったような効果が得られるのかやどのような感じで会計作業の流れになるのか判断できない場合も多く、そのような時にも購入するよりもレンタルすることをおすすめします。セルフレジのレンタルはさまざまな企業が行っています。

 

セルフレジのメリットと自動レジのメリットの違い

レジの種類にはセルフレジ以外にも自動レジというタイプもあります。最近導入件数が増えている傾向があるレジです。自動レジにもメリットがあり、セルフレジのメリットとは違います。そのため、セルフレジよりも自動レジの方が良い場合もあるので、自動レジのメリットも把握してみてはいかがでしょうか。

 

万引きのリスクが下がる

セルフレジは万引きなどの犯罪が起きる可能性が高まってしまいますが、自動レジの場合は下げることが期待できます。自動レジにもさまざまな種類がありますが、基本的に自動で会計までされる場合やバーコードなどをスキャンしなくても会計ができる場合もあります。そのため、セルフレジのように故意にスキャンをしないということができません。また、レジを通さずに商品を店舗外に持ち出すことも不可能になります。

 

その理由はセンサーとカメラによって、どのような商品を持ち歩いているのかや店舗外に出たのかを確認するからです。自動レジは会計エリアでセンサーが作動してそのあとに支払いを済ませるという流れになり、顧客側にとっては事前登録などをする必要もないため、便利であり、店側も導入しやすくなっています。

 

無人にすることも可能

自動レジは文字通り自動で会計を済ませることができるレジであるため、店舗内を無人にすることも可能です。そのため、人件費を削減することができます。ただし、セルフレジと同じように商品を管理するためには人材が必要になるため、店舗の種類や取り扱っている商品によっては完全に無人にすることができない場合もあります。一部のコンビニでも自動レジが導入されていますが、商品をバックヤードから補充する仕事は自動ではないため、最低限の人材は必要になります。

 

まとめ

セルフレジを導入することで従来のレジでは得ることができなかったメリットを得ることができ、商品を販売するスタイルを大きく変えることも期待できます。しかし、従来のレジでは起きることが無かったトラブルがセルフレジでは起きやすくなってしまうなどの注意点もあるため、セルフレジを導入しようとしているのであれば、メリットとデメリットにも注目するようにしましょう。

 

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 【効率化の一手】セルフレジのレンタルサービスとは?

    新しい技術の進化により、我々の日常生活は大きく変わりつつあります。 その一つが、スーパーやコンビニエンスストアでよく見かけるようになった「セルフレジ」です。 これは顧客が自分で商品...

  • 人手不足対策として注目される無人コンビニセルフレジ

    セクション1: 無人コンビニセルフレジとは サブセクション1-1: 無人コンビニセルフレジの概要と仕組み 無人コンビニセルフレジとは、従来のコンビニエンスストアの仕組みに自動化技術...

  • 未来の小売業界をリードする無人店舗ビジネススタイルの可能性

      無人店舗は未来の小売業界をリードするビジネススタイルになります。 店員がいなくても在庫補充やレジ・防犯カメラなどのセキュリティー対策を行うことができるので、従業員がいなくても店...

  • 無人販売店を始めたい人必見!無人販売店の開業するための基本とは?

      田舎の地域に行くと、畑のそばで「1袋100円」の野菜が無人で売られている景色を見たことがあるはずです。 そう。無人販売店ですね。 無人販売店は、今や立派なビジネスにな...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら