株式会社TOUCH TO GO | 日本で唯一実用化されている省人化 無人決済店舗システム

無料資料ダウンロード

店舗無人化・省人化なら、TOUCH TO GO

  • 無料資料ダウンロード
  • お問い合わせ

なぜ飲食店の人手不足は解消しないのか?理由と解決策を解説

  飲食店の人手不足、一体なぜ解消しないのでしょうか?原因は多岐にわたり、解決は容易な課題ではありません。しかし、必ず解決策は存在します。この記事では、飲食店の人手不足が解消しない理由と具体的な解決策...

 

飲食店の人手不足、一体なぜ解消しないのでしょうか?原因は多岐にわたり、解決は容易な課題ではありません。しかし、必ず解決策は存在します。この記事では、飲食店の人手不足が解消しない理由と具体的な解決策をわかりやすくご紹介します。

飲食店の人手不足の現状とその影響

飲食店にとって、人手不足は頭を悩ます問題です。そこで、この現状がどのような影響をもたらしているのかそしてそれがなぜ起きているのかを解説します。飲食店の人手不足の現状

飲食店の人手不足は深刻な問題です。店を開くにはスタッフが必要ですが、最近はとくに若い人たちがこの業界に進むことが減っています。理由は働き方の厳しさや待遇などがあげられます。また、新型コロナウイルスの影響で健康の保護を考えた時の業務継続が難しくなっています。これらが結果として、店舗のサービスに影響を与え、客からの評価や利益にも関わってきます。

人手不足が飲食店にもたらす影響

飲食店における人手不足は様々な影響をもたらします。以下に主な営業を挙げてみます。

 

労働時間の増加

飲食店でスタッフが足りないと、残る人たちの労働時間が増えます。例えば、閉店後の清掃や翌日の準備など、必要な仕事は変わらないのに人数が少ないため、1人あたりの仕事量が増えるわけです。長時間働くと体が疲れ、仕事の質が下がる可能性もあります。

 

サービス品質の低下

飲食店では、人手が足りないとサービスの品質が下がることがあります。例えば、注文を取るのに時間がかかったり、料理の提供が遅れたり、接客が手厚くできなかったりします。これらはお客様の満足度を下げ、リピーターを減らす原因にもなります。サービスの品質は飲食店の評価に直結する大切な要素です。

 

営業時間の短縮や休業日の増加

飲食店で人が足りないと、対応するために営業時間を短くしたり、休業日を増やすことがあります。しかし、これはお店にとって売上を減らす結果をもたらします。また、お客様にとっても、予定していた来店ができなかったり、好きなお店が開いていなかったりすると不便です。

 

離職率の上昇

人手が足りないと、残されたスタッフの負担が増え、仕事が辛くなることがあります。その結果、離職率が上がって営業に影響を及ぼしてしまうのです。人が辞めると新たに採用する必要があり、またその人を育てる時間とコストがかかるので、離職率の上昇は企業にとって大きな課題です。

 

新規開店や事業拡大の阻害

飲食店が人手不足だと、新しい店を開く計画や既存店の拡大など、成長の機会を逃すことがあります。なぜなら、新店舗の開店や事業の拡大にはさらに多くのスタッフが必要だからです。人手不足は、事業の成長を阻害し、将来のビジネスチャンスを逃す可能性があります。

飲食店での人手不足が解消しない理由

飲食店での人手不足が解消しない理由にはいくつかの要素が関与しています。以下に主なものをいくつか挙げてみます。

労働条件の厳しさ

飲食店で働くということは、長時間労働や休みが少ないといった労働条件の厳しさが伴います。お店が忙しい時間帯の勤務を求められることがほとんどであり、休日や夜間も働くことが求められます。また、体力を使う仕事が多く、厳しい状況下でもお客様に対して最高のサービスを提供するプレッシャーもあります。

人材の定着率

人材の定着率とは、働き始めた人がどれだけ長くその職場で働き続けるかを示す数値です。高い定着率は、職場環境が良く、働きやすさが保たれていることを示しています。一方、定着率が低いと、新人がすぐに辞めてしまったり、人がなかなか長く働かないという問題があります。これは新たな採用や教育にコストがかかり、企業にとって大きな課題となります。

若年層の働き方の変化

若い人たちは、働き方に対して新しい価値観を持っています。例えば、長時間働くよりもプライベートの時間を大切にしたり、意義ある仕事を求めたり、自分の能力を活かせる職場を望んだりします。また、リモートワークやフレキシブルな働き方を好む傾向もあります。これらの働き方の変化は、従来の長時間労働が常態化している飲食業界にとっては、新たな課題をもたらしています。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの影響で、飲食店では様々な変化が起きました。人々が外出を控えるようになり、売上が減ったお店も多いです。また、感染防止策による席数の削減や、営業時間の短縮を求められました。そして、テイクアウトやデリバリーの需要が高まる一方で、それに対応するための人手が必要になりました。これらの変化は、飲食店の人手不足をさらに深刻化させています。



飲食店の人手不足を解決する方法

飲食店の人手不足を解決するには、様々な戦略や手段が存在します。以下に主な方法を挙げてみましょう。

 

  • 働きやすい環境の整備
  • 育成とキャリアパスの提供
  • 効率化と自動化
  • 外国人労働者の活用
  • フレキシブルな働き方の導入

 

これらの方法は、単体で行うだけでなく、複数組み合わせることで効果的な人手不足解決策となることが多いです。飲食店の状況やニーズに応じて最適な組み合わせを探すことが重要です。

 

働きやすい環境の整備

働きやすい環境の整備とは、従業員が安心して働ける職場を作ることを指します。例えば、適切な労働時間の確保や休憩時間の設け、職場の安全対策、働きやすさを考慮したシフト作成などがあります。また、パートやアルバイトの方にも十分な研修を行うことで、仕事に自信を持てるようにすることも大切です。これらは人材を引きつけ、長く働いてもらうための基本的な要素です。

育成とキャリアパスの提供

育成とキャリアパスの提供は、従業員が自分の成長を感じられる環境を作ることを意味します。具体的には、新人研修やスキルアップ研修を実施したり、定期的なフィードバックを行うことで、従業員のスキルや知識を向上させます。また、将来的に店長やマネージャーになるためのキャリアパスを示すことで、働く意欲やモチベーションを高める効果もあります。これらは人材を確保し、定着させるための重要な手段です。

効率化と自動化

効率化と自動化は、働く人たちの負担を減らし、業務をスムーズに行うための手法です。例えば、注文や会計をデジタル化することでスタッフの手間を省き、顧客体験を向上させることができます。また、調理の一部を機械に任せることで、労働力を節約することも可能です。これにより、スタッフはより重要な接客に専念でき、結果的に人手不足の解消につながる可能性があります。

外国人労働者の活用

外国人労働者の活用は、人手不足解消の一つの方法です。様々な背景を持つ人々が働くことで、新たな価値や視点をもたらし、お店の魅力を高めることもあります。しかし、言葉の壁や文化の違いなどの課題がありますので、適切なサポート体制や研修を設けることが大切です。また、法的な制約もありますので、その点も考慮する必要があります。

フレキシブルな働き方の導入

フレキシブルな働き方の導入とは、従業員が自分のライフスタイルに合わせて働けるようにすることを指します。例えば、シフト制を導入して働く時間を選べるようにしたり、パートタイムでの勤務を可能にしたりします。また、必要に応じてリモートワークを許可することもあります。これにより、様々な生活スタイルや事情を持つ人々が働きやすくなり、幅広い層から人材を集めることが期待できます。

まとめ:飲食店の人手不足は

飲食店の人手不足は厳しい労働条件や若者の働き方の変化など複数の要因で起きています。しかし、この問題には解決策があります。労働環境の改善、スキルアップの機会の提供、新しい技術の活用などを通じて、働きやすさを追求しましょう。また、人手不足はただの課題ではなく、働き方を見直し、より良い職場を作る機会でもあります。この困難を乗り越えることで、飲食店はより強く、魅力的な場所に変わることが可能です。

  • 今話題の無人店舗レジ

    今コンビニや駅、空港などでのシェアを伸ばしているTTG-SENSE!他にもさまざまな場所で活躍するTTGの製品の詳細はこちらから!

  • あなたのお店の省人化をめざすなら

    人手不足、コスパを上げたい・・・そんなお悩み全て解決できるTTGーMONSTARの導入事例はこちら!

RECOMMEND / この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 経費効果的な削減術:ビジネスのムダを減らして収益を最大化する方法

    電気代などが値上がりして、企業でも節約が必要になってきました。 AIや自動化も経費削減のアイディアとしてありますが、無駄なコストをカットすること・品質を維持することが必要になります...

  • 人材難が続く業界2023:成功するための戦略とは?

      人手不足の企業が多く、コロナが緩和され経済が戻ってきても人手が足りずに経営が困難な企業は多いです。 本記事では、人手不足に陥ってしまう原因や企業に及ぼす影響、人手不足を解消する...

  • 【課題解決】薬局における経費削減の取り組みと成果

    経済状況の変化や医療費増加の押し上げにより、薬局運営における経費削減は今日、より一層重要なテーマとなっています。 経費削減は単に利益を増やすだけでなく、サービスの質を維持・向上し、...

  • 経費削減の重要性とは? 企業が求める効果的な戦略とは

      運営するのにかかるコストが高くなっていくので、企業ではコストの削減をしなくてはいけなくなってきています。 経費削減には、人件費以外にもペーパーレス化や自動化・AIを活用して業務...

お問い合わせはこちら


資料ダウンロードは
こちら